« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

基本の蹴りは3種類、だが……

私が今の道場に入門してから、道場で練習する蹴りの種類は、基本的に3種類だったと言っていい。
前蹴り、回し蹴り、斜め前を狙う足刀蹴り。この3つ。
もちろん、他の蹴り方もいろいろあるのだけれども、補助運動ではこの3つしかやらないし、特に前蹴りと回し蹴りに重点が置かれるのだ。

館長先生によると、
「上地流はそもそも後ろに蹴り出すのを嫌う」
というんだな。
もっと正確には、
「敵には常に正対(体の正面を向ける)。背中を向ける事を嫌う」
という事らしい。
実際、自由組手とかしても、前蹴りと回し蹴りしか使わないし(使えない、ともいうが)、
黒帯を取ってから後ろ蹴りは練習する事になっている、とも聞く。

でも、館長先生よりぐっと若い指導員が補助運動の指揮をとると、横蹴り、後ろ蹴りなんかもメニューに入って来たりする。かかとから蹴り出す後ろ蹴り、実は好きなんだよなあ(笑)。
確かに、こんな蹴り方、絶対、自由組手では使えないと思うけど。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

March 30, 2005

いよいよ十三(セイサン)

上地流系は、他の流派に比べて、格段に、型の数が少ない。
その分、ひとつひとつをじっくり練習する事になっているのだと思う。
今まで、やってきたのは、鍛錬用の三戦(サンチン)を別にして、完子和(カンシワ)、完周(カンシュウ)、十戦(セイチン)まで。
この間から、個人的に、手順を憶え始めていた十三(セイサン)を、今日から全員での型で参加OKが出た。
これに参加できれば、今後十三を中心に練習して良いという事だ。
これ、見た目がカッコイイ型なので、かなーり、嬉しい(笑)。
別に、3時間補助運動だけでも、空手は面白いからいいんだけど、やっぱカッコイイ型やれるのは、嬉しいものなのだ(笑)。でも、手順は半分がた憶えてても、細かいところはこれからちゃんと指導してもらわないとな。
ごきげん。

| | Comments (11) | TrackBack (1)

タイヤ蹴り(足先を鍛える)

上地流系は、他の空手の流派ではやらない蹴り方をする。
それは、足先(そくせん)を使うのだ。
これは、もちろん、館長先生からの受け売りだけれども(笑)。
他では、足の指の付け根を使うんだってね。
上地流系では、つま先を使うのだ。
足の指があるよな。第1指~第2指(足の形によっては第3指)の、ほんとに、指の先端。ここで蹴ります。

それで、この足先(そくせん)を鍛えるため、うちの道場では、タイヤを蹴る事になってる。
(指示されてやるのではなく、練習生が自主的にやる事を期待されている)。
タイヤってね、けっこう固いんだよ。
一昨年の冬。入門して3ヶ月目くらいか?
蹴ってみて、足指をいためました。
あれは参ったな。足の親指をいためると、たとえば、腕立てができないんだよ(笑)。

これに懲りたので、用心深く、そうっと蹴る事からはじめて、試行錯誤で、ほんとにすこーしずつ、強くしていった。
で、ふと気がつくと、かなりの強さで、蹴ることができるようになっているのな。
まさしく、継続は力なり、と思った。

ところでタイヤは、ゴムでできているので、寒い時は固く、暑い時は、やや軟らかい。
最初に怪我した時も、
「もうちょっと気温があがってからリトライ」
と言われました。
すでに、懐かしい(笑)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

March 29, 2005

家出少女の帰宅

先日、「冗談事ではない少女の家出」でとりあげた、仙台の家出少女つぐみちゃん。このほど、無事に帰宅したという記事が親御さんのブログに掲載された。
良かった良かった。
彼女が家出に至った理由、二週間近くも帰宅しなかった理由には、きっといろいろあるだろうと思う。
でも、それは、これから解決していけばいい事だよね。

聖書には、有名な、「放蕩息子の帰宅」の話がある。
親と子供の間にどんな行き違いがあり、どんな断絶が発生し、どれほどの間わかれわかれになっていたとしても、愛情でそれを修復し、埋める事は、きっと、可能だと思う。

毎日、何件もの失踪事件が発生している事を思えば、無事、つぐみちゃんが帰宅したのは、ほんとに良い結果だったと思うのだ。今後の事は、もはや家族内だけの事だけれど、更に良い方向へ向かえるといいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 26, 2005

反射神経を鍛える

今日は移動稽古の後に、北谷(ちゃたん)道場伝来の、反射運動を鍛えるトレーニングがあった。
どういうものかというと、二人組になって向かい合い、両腕は下ろす。その状態で、ランダムに中段または上段(左右どちらか)の拳を出す。向かい側の者は、それを何らかの形で受ける。
当然、リズミカルに左右順繰りに出したりしてはいけない(笑)。
私は、大学時代にやった剣道が「昔取った杵柄」になっているのか、このトレーニングが得意だ。
(単に、頭の中で乱数が作れるだけ?)
実は、自由組手の時も、たいがい、これで勝ちを拾ってるんだよな。
手を読まれないというのも、大切なのだ(^_^;

| | Comments (0) | TrackBack (1)

冗談事ではない少女の家出

私が、ブログ友であるぐたさんのブログ、「読書感情文」で、その記事を見たのは、一昨日の事だった。
ご協力お願いしますってなんだろう?
ぐたさん、時々面白い事やるからなあ。
ところが、読んでびっくり。行方不明の少女がいるのだそうだ。
その情報を、ブログでつのっている、そういう事。
もちろん、ぐたさんのお嬢さんではない。
おおもとの呼びかけは、親御さんのブログ、「つぐみ、どこにいるの」で行われている。そこに、リンクしていきましょう、少しでも広く、情報を求められるように。
そういう趣旨なわけ。
私は、ぐたさんとことリンクしているアメブロ上のブログでは、「記事は必ず本(出版物)にからめて書く」というのを不動のポリシーとしているため、この問題を記事に取り上げるには非常に迷った。
同じブログサービスの同じジャンルで、どの程度他の人が取り上げていくのかというのもあったし、単に情報を転載するだけでは、そもそも、読んでもらえないだろう。
また、ジャンル趣旨にももとる事になりかねない。
(基本的に、ジャンルが設定されているという事は、そのジャンルにふさわしい記事を、ゲストが探しに来るものと私は心得ている。こういう特殊な状況の時は、別でありますけれども)。
事実、ぐたさん以降、アメブロの本・書評ジャンルでも、次々にこの話題を取り上げる人が出てきて、
「今更アメブロで私が同趣旨の記事を出す事もあるまい」
と考えた。

ところが、昨夜、NIFのフォーラム仲間から、ただならぬ話を聞いたのだ。
この問題、昨日はヤフーのニュースヘッドラインにも出てきたのだけど。
現在、2chで叩かれているんだって。
「はあ? なんでまた? まあ、2ちゃんはなんでもヤリますけどねえ」
「それがね、お嬢さんを探しているお母さまが、同人腐女子だというので……」
「(そんな理由で叩かれてるとしたら)けしからん話だけど、2chでしょ? まるごとスルーできませんか」
「即売会でスペースを取っているらしいのだけど、もちろん、ご本人はそれどころじゃないでしょうけど、代理の人がスペースに入るでしょ? そこに、特攻をかけてくるバカがいるのではないかという心配が」
はあ……。
悲しい事だけど、「絶対にあり得ない」話では、ないかもしれない。

同人誌といえども、待っている読者がいるわけで、もし、代理の人がスペースに入って既刊本を売ってくれるなら、それにこした事はないですね。
(親御さんがこの問題を放り出してその場に出てくるなら、そりゃあ問題ですが)。
でも、(代理人による)同人誌販売と、お子さん捜しとは、「全く別の問題」だ。
もし、ほんとに特攻してくるバカがいたら、毅然として
「他のスペースの邪魔にもなりますから、やめて下さい」
と、退去をお願いすべきである。
それでだめなら、会場のスタッフまたは警備員を即座に呼ぶべきである。
で、それらの対処をする自信がないのなら、今回は即売会参加をとりやめるべきだ。
まあ、私が当事者なら、そういう判断をします。

なににせよ、2chで騒いでいる連中がいるだろうことは、想像に難くない。
ネットで大きく扱われる問題があるならば、必ず2chに関係スレが立つのは、ほぼ間違いないんだから。
しかし、そこで叩かれているからといって、「決して反応すべきではない」。
万が一にも、その連中が、2chの外で同じ行為をした場合も、同じこと。
泥沼になる事は目に見えており、精神衛生上、大きなデメリットがあるからだ。
不幸な事に、ネットで何かのアクションを取る場合には、今では、常に、こういうリスクを負う事を、覚悟しなければならないのだ。

それにしても、小学5年生の少女が行方不明になっているというのは、ただごとではない。
たしかに、十代前半って、
「家出したいな」
そう思う事ってあるよね。
でも、実際に家出しちゃう事は、あまりないし、もし家出したとしても、だいたいは数日のうちに居場所がつかめるものだと思う。まるきり行方をくらませるほどの智慧は、持っていないもの。
だから、この事件は、非常に深刻なのです。
思わぬような場所にいて、帰るに帰れなくなっているかもしれないでしょう?
そして、だからこそ、ちょっとした事でもいいから、親御さんは、情報がほしいんです。
考えてもみてほしい。
もう、10日をこえてるんだよ。
お化粧をして、中学生くらいに見えるかも、とはいっても、ほんの11歳かそこらの、幼い少女なんだよ。
こんなに長い間消息が知れないなんて、ただごとではありません。

自分が親だったら、どうですか。
眠れません。
食事だって、食べられないよ。
24時間、1秒1秒、いてもたっても、いられないと思います。

親って、そういうものだと思う。
親が日頃何をやってるかとか、どこの国の人だとか、そういうのは、関係がない。

もし、この件に関して、
「同人腐女子がブログ使って何やってるんだよ」と思ったりとか、
「凄い話題だな。しめしめ、これ利用してランキングあげてやれ」とか、
そんなような不謹慎な事を考えた人がいるなら、私としては、気持ちを改めてほしいですね。
ああ、これ、親御さんを代弁して、なんて事は言わないよ。
あくまでも、私個人の気持ちとして、そう思うのだ。
真剣に考えようよ。
そして、一刻も早く、つぐみちゃんが無事に帰ってくる事を、祈りましょう。
せっかくの、「インターネット」というメディアを、良い方向で、活用したいよね。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

March 24, 2005

ひさしぶりの打ち身

ひとくちに、フルコンタクト系空手といっても、いろいろなのがある。
中でも、上地流系は、一番、体と体をぶつかりあわせる流派なのだそうだ。

★三戦(サンチン)
三戦の型というのがある。これは、鍛錬用の型で、毎稽古、必ず3回三戦をやる。
で、この三戦の型を演じる時、直接、頭部と金的(女性の場合は胸も)を除く全身を、撃たれたり蹴られたりするのだ(笑)。もちろん、撃つ・蹴る、は有段者などの中から指名された人がやる。
当然、三戦をやる人のレベルによって、撃つ・蹴るは加減をする。入門してすぐの人は、大人でも撃たなかったり。
多少慣れてきた1ヶ月目~半年くらいまでは、三戦だけでもアザだらけになったりする。

★小手鍛え
二人で組になってやる鍛え方。
小手と小手をすりあわせる、小手どうしで押し合う、小手を打ち合う。
同レベルくらいの組み合わせだと、両者とも思い切り打ち合う(笑)。片方がレベルが高い場合は、相手にあわせる。
終わると、うちの道場の場合、脚鍛えをやる。大腿部の上部、下部、ふくらはぎの三箇所を蹴り合う鍛え。ここまでが定番で、必ずやるものだ。やはり、入門半年くらいまでは、これで小手がアザだらけになるのだ。
場合によって、内股を蹴り合う事もやる。
場合によって、さらに、お互いの腹を拳で打ち合う事もある。
場合によって、相手の上腕部を手刀で打ち合う事も……。

☆移動稽古(相対)
二人で組になってやる場合の移動稽古。つまり、片方が拳や蹴りを出すのを、もう片方が移動(後ろに下がる)しながら受ける。
指導者の指示によって、どんな拳・蹴りを出してどんな風に受けるか、1移動ごとに決める。
実践に備えての稽古だから、非常に激しい!

☆約束組手と型の分解
これも二人で組になって行う。どちらも、出す手・受ける手が決まっている。実際に当てるけど、移動稽古ほどマジでぶつかりあうという事はない。なぜなら、これは、「形」を憶える事が練習の目的だからだ。

☆自由組手
要するに練習試合。この時だけ、うちの道場は拳サポを使う。顔面と金的を撃ったら反則。

稽古の中で、実際に、肉体同士がぶつかりあう稽古はおおむね以上の6種類がある。★は毎回必ずやるもの、☆は毎回やるとは限らないものだ。
で、★の場合は、半年を過ぎればそうそうアザはできなくなるのな。
でも、☆の場合。とくに、移動稽古だと、レベル差がある場合でも、加減の程度が少なくなるし、もちろん同レベル同士だと、ほとんど本気で拳出したりするんで、一番、アザができるんだ。
面白いんだけど、イタイ稽古。
昨日は、この移動稽古が中心だったんで、久しぶりに二箇所ほど、打ち身作った!
うち一箇所は、足の甲。

というのは、「上段回し蹴りを小手で受ける」っていう移動稽古のメニューがあったのだ。
私が組んだのは、1級下の人で、まあ、同レベル程度の組み合わせ。でも、相手は脚があまり上がらないのだ(笑)。それで、私が「受け」にまわる時は、小手を低く(つまり、四股立ちを深く取って相手が中段蹴りでも小手で受けられるようにする)。自分が蹴る場合は、なるべく小手をあげてもらって、実効性のある上段回し蹴りを狙ってみた。
上地流系の回し蹴りは、まっすぐ膝をあげ、そこから足の甲で相手の側面を蹴るという蹴り方なんだけど、これは、腰がまわらないと、できない蹴り方なのだ。
そして、蹴る位置が低ければ低いほど、腰を回すのは、楽になる。上段が難しいわけ。

これで、足の甲に打ち身が残ったという事は、正しく上段回し蹴りが決まっていたという事なのな(笑)。
だから、ある意味、嬉しい打ち身って事になる。
もうちょっと速度が上がると、もっといいんだけどな。
上段は、受けられる/はずされる事が多いので、試合中ほんとに上段を決めるのなら、スピードが必要なのだ。


| | Comments (2) | TrackBack (1)

March 23, 2005

拳立ての効用

私は、腕立てが苦手だ。
物理的な理由がある。
剣道をやっていた大学時代に、右肘を壊して以来、右腕をずっとかばってきたので、もともと弱い肩を含め、腕の筋肉が落ちるにまかせていたってのと。
両足首が畸形だってこと。これ、外見は全然普通なんだけど、先天的に小さい骨がひとつ欠けてるので、足首の踏ん張りがきかないのだ。
なので、腕立ては無理をするなともともと言われていたんだけれども、3級に上がった時から、
「足をついてもかまわないから、腕立てじゃなく拳立てでやりなさい」
館長先生にそう言われた。

なぜか?
腕立てでも、上腕部、腹筋などの筋肉は勿論鍛えられる。
でも、これを拳立てでやると、正拳(パンチ)に使う筋肉が鍛えられる事になるわけだ。
もちろん、拳自体も鍛えられる。
フルコンタクト式の上地流系では、これは大事な事なのだ。

正直、拳立てでって言われた時は、内心(ぐは)とか思ったけど、指示に口答えとか質問返しはしない事にしているので(笑)。片膝だけ、補助として床につく形にさせてもらって、拳立てでやってたわけだ。
すると、なるほどね。
実効性高いです、これ。
確実に、パンチ力が上がってきていると思う。
もちろん、正式な拳立てをするより、上がり方は「じわじわ」っていう感じだろうけれど(笑)。

三戦(サンチン)で鍛える側にまわる時、ある程度以上筋肉がついてる、成人(男)の胴に拳を入れる時、自分で加減しないと、手首をいためそうになってたのな。
(本当です。鍛えていない人が安易に拳を使って人をなぐると、拳だけでなく、手首をいためる可能性高いよ?)
これじゃ相手を鍛える事にならないから、悪いなとは思いつつ、自分が怪我をするわけにはいかないだろ(笑)。
でも、これがきちんと打てるようになってきた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2005

入り乱れての稽古

年が明けてから、インフルエンザとか仕事の都合でずっと休んでいる人が何人もいたんだけど、今日はどういうわけか、一度にみんな出てきて、
「春だからか?」
とかいう話に(笑)。
啓蟄で出てきたんだとしたら、みんなモグラかカエル(笑)?
なもんで、今日はやたらと人数が多かった感じ。子供が4人。大人が10人。うち有段者が4人。うちの道場は広い方だけど、さすがにこの人数がやると、入り乱れてる感じになるね。場所を確保するのがけっこう大変だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2005

持久力

空手を始めて、そろそろ1年半になる。
うちの道場では、稽古時間の半分くらいのところで、「中間補助運動」として、
正拳突き50本→前蹴り50本→正拳突き50本→回し蹴り50本→腕立て(拳立て)30回→スクワット50回
これを1セットとして、余裕のあるなしによって1~3セットやる。もっとも最近はあまり3セットしないんだけどね。
(多分、一般の部に来る子供が増えたから)。
始めたばかりの頃は、1セット目でもかなりきつかったんだけど、最近は2セットやっても別に全然平気っぽい。
多分、3セット目も普通にいけるだろうと思う。
知らないうちに、多少は持久力がついてきたらしい(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 12, 2005

肘撃ち

どうも、肘撃ちってやつが私は苦手なのだ。
体が前に流れると注意されるのだけど、腰が据わらないというのとも、ちょっと違う。なんでだ!(笑)
そう思っていたところ、今日は珍しく、サンドバッグを使って肘撃ちをやろう、という話になった。
そうすると、三段、二段の先生がみてくれて、
「撃つ位置(高さ)が悪い」
と、看破してくれた!
……なるほど(‥
位置がまずいので、角度もまずくなり、体が前に流れるのだ!
いや。わかったからといって、一足飛びにクセが直るものじゃあないんだが。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 09, 2005

呼吸法

上地流系の空手は、呼吸法に特徴がある。
息を下腹に溜めておいて、一瞬のうちに呼吸する、その時に、「チッ」というような音になる。
実はこれ、かなり難しいんだけど、できるようになると、そんなに気にせずこれで呼吸するようになるんだよね。
ところが、今日、自分より1つ下の級の人が、
「息の吐き方がうまくわからない」っていう。
このところ注意されてたらしいなとは思ってたけど。
でも、改めて聞かれてもさあっ!
よくよく聞きながら考えてみると、
「息が苦しいからつい長く息を吐いてしまう」
っていうのが問題だというのがわかった。
あーのーなー、だからそこをがまんするんだってば!(笑)
でも、誰だって、どこかしら、自分に甘く稽古しちゃって、いつまでできないってところがありそうな気がする。
自分の稽古内容も洗い出してみなきゃな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« February 2005 | Main | April 2005 »