« 家出少女の帰宅 | Main | いよいよ十三(セイサン) »

March 30, 2005

タイヤ蹴り(足先を鍛える)

上地流系は、他の空手の流派ではやらない蹴り方をする。
それは、足先(そくせん)を使うのだ。
これは、もちろん、館長先生からの受け売りだけれども(笑)。
他では、足の指の付け根を使うんだってね。
上地流系では、つま先を使うのだ。
足の指があるよな。第1指~第2指(足の形によっては第3指)の、ほんとに、指の先端。ここで蹴ります。

それで、この足先(そくせん)を鍛えるため、うちの道場では、タイヤを蹴る事になってる。
(指示されてやるのではなく、練習生が自主的にやる事を期待されている)。
タイヤってね、けっこう固いんだよ。
一昨年の冬。入門して3ヶ月目くらいか?
蹴ってみて、足指をいためました。
あれは参ったな。足の親指をいためると、たとえば、腕立てができないんだよ(笑)。

これに懲りたので、用心深く、そうっと蹴る事からはじめて、試行錯誤で、ほんとにすこーしずつ、強くしていった。
で、ふと気がつくと、かなりの強さで、蹴ることができるようになっているのな。
まさしく、継続は力なり、と思った。

ところでタイヤは、ゴムでできているので、寒い時は固く、暑い時は、やや軟らかい。
最初に怪我した時も、
「もうちょっと気温があがってからリトライ」
と言われました。
すでに、懐かしい(笑)。

|

« 家出少女の帰宅 | Main | いよいよ十三(セイサン) »

Comments

ども(^-^)/
爪先…痛そうですね(>_<)
しかし腹や会陰を蹴り込むのなら、中国武術と同じですね。
ま、中国武術では靴履いてますけど(^_^;)
ちなみに中国武術では、足刀で蹴る場合でも首などの柔らかい部分を、
靴のエッジで擦り切るように蹴っていったりしますよ(*^-^)b

Posted by: 霧狼 | March 30, 2005 at 04:31 PM

痛いんです! ほんとに(笑)。
足先で蹴られるのは、もっと痛いです(汗)。
上地流の基本に忠実に従えば、前蹴りも回し蹴りも、膝をまずまっすぐあげるところまでは同じなんです。そこから、足先がまっすぐ前に飛んでくるか、まわりこんで側面に来るかがわかりません。
空手の、普通の受けとして、膝を上げますね。これだけでは、回し蹴りの足先はよけられないんです。かなり、イヤらしいです(笑)。
もっとも、そこまで、「ど」忠実に蹴れる人はまずいないので、組手ではたいてい、どっちの蹴り方でくるか、わかりますけど(笑)。
中国武術は会陰を蹴るんですか! そりゃまた……当たったらむちゃくちゃ痛そうですね。
中国武術やテコンドーみたいな流れるようなハイキックは憧れです。スピードのある上段蹴りをきれいに決めるには、もっと体を軟らかくしないと……と、日々精進中(先が遠い)です。

Posted by: とら | March 30, 2005 at 05:15 PM

上足底で蹴こむのも、かなり鍛えていないとすぐ骨折しますが、足先はかなり危ないですね・・・。うちの上地流道場へいっている知り合いと一緒に稽古していると、こつこつ爪先を鍛えてますが、あれで蹴られたくはないです。
うちの周りは蹴りが物凄くへたくそな奴しかいないのであまり蹴りに対する受けの稽古が出来ません(@_@)しかし、うちの流派の形をみると、回し蹴りがある形がないんです。そもそもうちの流派は回し蹴りがないみたいです。今、競技とかでは回し蹴りとかどんどん使われていますが、中国拳法やムエタイから取り入れたみたいです。

Posted by: 和尚 | March 31, 2005 at 12:50 AM

>和尚さん
痛いですよ、足先蹴り(笑)。
三戦でもたまに足先蹴りで軽く腹などに来る事がありますが、グサッとつきささるような感じがして、どんな軽い蹴り方でも、「どき」っとします。
つま先をコツコツ鍛えるのは、うちの道場でも、大人はみんなやっています。
回し蹴り、和尚さんのところでは、ないのですか。もっとも、うちの流派も、アクション映画でやるような「回し蹴り」ではないですけど、全然ないというのは、珍しいんじゃないかなあっていう気がします。あまり蹴り自体、使わないのでしょうか?

Posted by: とら | March 31, 2005 at 07:05 PM

 基本の中には回し蹴りは組み込まれてません。形にも出てきませんし。使うといえばやはり競技組み手においてだけですね。形では前蹴り、横蹴りしか見たことないですしね。ただ、三日月蹴りというのがあって(バッサイという形に出てきます)、それが回し蹴りだったり前蹴りだったりという微妙な解釈の違いが各道場間であるみたいですが。
 蹴りは使わない事はないのですが、やはり蹴り技は(特に前蹴り)捨て身の技というイメージが昔からあるようです。確かに片足になって相手に体重をかけにいくというのは危険だと思いますし、これもバッサイの形ですが、前蹴りを掬ったり、引っ掛けて振り捨てたりする技が出てきます。これを極められると本当にヒヤッとするので、あまり蹴り技は出せないなと思います。

Posted by: 和尚 | April 01, 2005 at 02:05 AM

<和尚さん
蹴りをすくったり、引っかけて振り捨てたり。
うちでもやりますよ。型でも約束組手でも、後半、登場します。さすがに自由組手でやる人は滅多にいないけど。
もっとも、上地流系は、そもそもが「つかみあり」なんです。
だから、襟でも、腕でも、脚でも、取られる事があるわけで、それプラス、蹴りの出し方、引き方が他と違うせいか、「拳」と「蹴り」のリスクの差は、あまりないのかもしれません。

Posted by: とら | April 02, 2005 at 11:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64046/3496170

Listed below are links to weblogs that reference タイヤ蹴り(足先を鍛える):

« 家出少女の帰宅 | Main | いよいよ十三(セイサン) »