« March 2005 | Main | May 2005 »

April 30, 2005

いわゆる「傾向と対策」

GWあけ、3道場合同で、上地流系特別研修会ってやつがあり、沖縄から偉い先生が来るそうな。
偉いというのは、冗談抜きで偉いので、7段、8段、9段……と段位がスゴイだけでなく、うち、高宮城先生は上地流の分厚い本(なんか知らんが、ネットオークションで10万くらいするらしい)を編纂して出版するのに尽力した人なのだそうだ。
で、今日は、前にもその先生方から指導を受けた事のある有段者の人たちが、
「この先生はここらへんをうるさく言うぞ」
みたいな、傾向と対策を、教えてくれた。
他道場との交流会なら経験あるけど、こういうのは初めてだから、どうなるのか、
まるっきり不明
きっと、しごかれるのだろうなあ、と予想しつつ、かなーり、楽しみだったりも、する。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 27, 2005

空手と古武道で交流すること

今日は道場に来た人数が少なかったから、館長先生と話すチャンスがつかみやすかった(笑)。
ので、いちおう、聞いてみたのだ。
実はブログ(まあ日記みたいなものですと説明)に空手の事とか書いていて、他の流派の人とも交流があるんだけど、そういうのはまずいですかと。
先生いわく、「おおいにやりなさい」という事だった!
「たとえば、他の流派の人と、一緒に練習などをしてみてもいいと思います」
とも、言われた。
空手オフか……(さすがに東京と九州だと難しい)。
古武道の方も、先生にほぼ同じ事を言われているので、今後とも安心して、空手と古武道の事が書ける(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2005

棒術で個人指導してもらう

こんどから、うちの空手の方の流派では、「周氏の棍」を導入するらしい。
沖縄の本部で決まった話だから、まだこっちには正式、伝わっているわけじゃないが、新しい約束組手を作るとか、なんかいろいろやっているそうだ。
今日、古武道の先生(空手の方も同じ流派)が沖縄から帰ってきて、してくれた話。

で、そのせいかしらないが、棒術集中して特訓って感じが(笑)。
全員がっちり個人指導してもらえた。
「とらくんは憶えが早いねえ」
とか言われたものの、やればやるほど、自分でアラが見えてくるのがつらい(笑)。
もちろん、アラが見えないより、見えた方がずっと良いのだ。
ただ、そうは思っていても……ってやつな。

それにしても、棒の取り方から事細かく言われたのは、初めてのような気がするぞ。
「棒と手首の間に空間を置かないように」
これは、今日初めて全員が受けた注意かな。
できてないと、ぐりっと先生の棒が手首と自分の帽の間にねじこまれるのだ。

猫足、引きすぎって言われたので、これは(今日の稽古だけだと忘れるかもしれないから)、きっちり憶えておかないと。あとは、転身。古武道の転身は、まだちゃんと身に付いていないんだよなあ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 13, 2005

横蹴り

今日は、子供が多かったり、具合悪くなる子が出たりということで、型とか約束稽古まで練習メニューが進まなかったけれども、個人的には、横蹴りを丁寧に教えてもらえたのがラッキーだった。
横蹴りって、あまり使わないので、練習メニューに乗る事が少ないんだよね。

右に横蹴りを出す場合。
上半身を右に開く。
この時、立ち方は自然立ち。
足をやや右に開き、左足を、右足の後ろにクロスする感じに運ぶ。
足の裏があくまでも床と水平になっている状態で右膝を上げ、真横に蹴り出す。
目標には、足の右側の端が当たるように心がけること(つまり足刀)。
もちろん、構えた両手の中心を蹴った線が通るようにしなくちゃいけない。
蹴ったらすぐに引き、足の裏が床と水平なまま膝をあげた状態に戻す。
静かに足をおろす。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 10, 2005

自主練習

今日は古武道の稽古がある日。
別に、中止になったとも聞いていないし、借りてる場所は鍵あけてもらえてたんだけど、誰も来ない!(笑)
おーい(笑)。
でも、こういう時は有効に時間と場所を活用するに限る。
そこで、まず、ヌンチャクの基本練習に取りかかった。
一種類のルーチンを40分前後。
これで一汗かいたところで、周氏の棍のみ、同じく40分前後。
釵の練習は割愛して、ひたすらこの二つに専念してみた。
広い場所を自分だけで使えるからできるんだよな。
ある意味ラッキー。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 09, 2005

約束組手8番まで

上地流系は、そもそも型の数が少ないんだけど、約束組手の種類も他より少ないのかな?
あり得るなあ(笑)。
とくに、昭平流沖空会は、10番までしか、ない。
で、難易度が、
1~2番
3~4番
5~6番
7~8番
9~10番
この順で、きっちり、段階ごとに分かれている感じがする。
昇級審査も、2級だと6番まで、1級で8番まで、初段審査で10番まで全部審査項目に入る。

今日は、今までほとんどやってない7~8番を個人指導で教えてもらえた。ラッキー。
段階の差は如実で、6番までは使わないワザが出てくるのだ(笑)。
手順も複雑になってくる。
ただ、そうなると楽しさも倍増なんだけどね。

ただ、ガンガンやったせいか、右小手の橈骨側が、ちょっと痛い(笑)。
久しぶりに湿布の世話になってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

壁紙用の桜

DSC00020
うちのおふくろは、ようやく去年からパソコンをやるようになったのだ。
でも、ちょっとメールができてちょっとインターネットができるくらいで、彼女の不満は、
「背景(壁紙のこと)、別のに変えたいわ~」<でも、ネットで探すことができない(笑)
しようがねえな、と四季おりおりにデジカメで写真をとって、提供してあげるのだった。

これは、壁紙用を狙って撮影した桜の花のアップ。
どうですか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2005

ロングウォーク

DSC00006
桜が開花したのがほんの2~3日前なのに、今日はもう、満開!
すでに散り始めているところもある。
急激に気温があがったから、一気に咲いちゃったんだな。

今日は用があって、校外を10kmほど歩いて来た。
だから、途中で何枚も写真を撮った。
この写真は、もちろん、桜の写真。
風が凄いし、来週の週明けには雨が続くそうだから、花見をするなら、今週末がチャンスって感じ。

サムネイルだと画像が小さくてよくわからないと思うので、ぜひ、クリックして見て下さい。
おーい、アメリカにいるAyaさん、日本の桜だぞーっ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

カタクリ

DSC00018
これが、カタクリの花。
咲いているところを通りかかったので、撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2005

「完周」を教える

今日は春めいていて(って打ち込もうとしたら、いきなり指が滑って「硬派」に(汗) 誕生日なのにっ)
なんと南向きの日当たりのいいところに枝をのばしている山桜の大木が、「そこだけ」咲いてた(笑)。
それだけに、道場が暑かった(汗)。

まあそれはともかくとして……。
私は、次の審査では「完周」をやらないといけないんだけど、既に、習ったの自体はだいぶ前だから、よほど審査直前にでもならなきゃ、みてもらう事はできない。
でも、今日はたまたま、ちょうど完周を習い始めてる中学生に教える側にまわったんで、自分の動きも再確認できた。やはり、教えるのは、勉強になるよなあ。
一人でやってるより、見て、考えるからかもな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

誕生日

今日は誕生日。
そう、4月6日が誕生日。
今でも、関東あたりでは、今日が始業式だっていう小中学校、多いみたいだね。
私が小中学生の頃も、そうだった。
4月6日って、始業式……。
だから、一番誕生日を祝ってもらいたい気分が強い、小中学生の頃って、学友に祝ってもらった事がない!
おまけに、うちでも、祝ってもらった事がないのだ。
(しょぼーん)
だから、高校になって、つきあってた子に(といっても、モノセックスの学校ゆえ、校外なんだけどね)、誕生日のプレゼントってやつをもらった時は、ほんとに嬉しかった。

その反動かなにか、ひとの誕生日にお祝いをいうのが好きだし、祝ってもらえるのも、もちろん、好きだ(笑)。
別に大人になったって、誕生日を祝ってもいいじゃないかと思う。
コダワリですね(笑)。
(お祝いを請求しているわけじゃないぞーっ(爆)

ともあれ、今日は、「休み」。
のんびりして、本読んで、ブログ書いて、生クリーム苦手だから昨日買ってきたジャーマン風アップルパイを食って、一日中ふんにゃりしている(笑)。
なのに、空手には行ってしまうんだよなあ!

| | Comments (17) | TrackBack (0)

April 03, 2005

練習量で如実に変わります

膝の不具合とか、大量の花粉とか、仕事とか、稽古自体がなかったりとか、その他もろもろで2ヶ月ほどご無沙汰していた古武道に、今日は行ってきた。
もっとも、古武道の方は、空手の有志が集まっている、「同好会」なのだ。
私は特例で誘われたようなものなので、他のメンバーは全員、空手の方は有段者(しかも2段以上)。
その上、私が入ったのは、発足して半年弱後なので、困った事がひとつある!
それは、ちょうど私が入ったあたりまで、棒とヌンチャクの練習が中心だったらしいんだけど、
私の入会時に、釵の稽古がスタートして、ヌンチャクより釵中心になっちゃったって事だ。
棒と釵は、必ずやるんだけど、ヌンチャクはやらない時の方が多かったりしたのだ!

……なもんで、ヌンチャクだけ、ほとんどできないんだよ。
で、あまり出てこない人に比べれば、釵は、出来るわけです。
一応ね。
今日、たまたま、私が入るまではわりとよく稽古に来ていて、去年の夏くらいからほとんど出て来られなかったっていう人が来ていたんだけど、この人は、私とウィークポイントが、逆。
ヌンチャクはいけるけど、釵は、だめだめ。
当たり前な話だろうけど、練習量で、確実に、差が出るものなのだなあ、と実感しちゃった。

でも、ヌンチャクの扱い方のコツは、今日教わってきたので、とりあえず、「練習するしかない」。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

アメブロが何故批判されるか

本の方のブログを置いているAmeba Blog。
3月末に大幅リニューアルをしたのだけれど、その結果に関して、今、ネット上で叩かれつつあるんだよな。
いや、そこまでいうのはちと大げさか(笑)。
アメブロ内では苦情が爆発。
で、例によって2chに関連のスレが立ってる、そんなところだ。

大幅のリニューアルなんてものをしたなら、直後にはいろいろ不具合が出るのは、まあ当然。
ネット歴が長ければ長いほど、そう達観しているはず、と思う。
それでも、ネットユーザーの裾野が広がっている現在、ネット初心者は非常に非常に多いわけで、そもそも「かんたんにブログを作れる」なんて誘致をしているアメブロには、初心者が山ほどいるわけで。
使い勝手が悪くなった程度の事でも、苦情の嵐になるのは、想像できる話だ。

実際、機能はいろいろ増えたものの、改悪されたものもある。幾つかあげてみよう。

◆強制ログアウト
前よりも、ログアウトさせられるまでの時間が格段に短くなったようだ。
記事作成に30分以上かかる場合は、エントリーしようとしたとたん、ログアウトエラーになる可能性がある。
私は記事を書くのって早い方だけど、途中、何か別の事に手を取られれば、30分以上かかる事もある(笑)。
ましてや、一般的には1記事に1時間くらいかけてるのは、ざらのようだ(他の人のブログをいろいろ見た結果)。
というわけで、以前に比べ、エラー頻発。
記事のエントリーがスムーズにいかない。
 ☆対策☆ 記事を書き終わったら、プレビューさせる「前」に、記事全文をコピペしておきましょう( ‥)/
どこのブログサービスまたは日記サービスでも、何らかの不具合で、書いてる途中とか保存しようとした時に記事が飛ばされるのは良くある話。基本的な自衛術です(^^;
でもなあ。ログアウトに至る時間はせめて2時間。なるべく、「そのブラウザを閉じるまで」有効にしておいてもらいたいよね。いちいち、IDとパスワードを入力する画面に飛ばされるのもいやだが、そのページのトップに掲げられているオヤジの写真が気にいらない(笑)。目障りなんだよな。

◆記事一覧
編集するために、記事一覧を出す。1画面20記事、これは従来通りで良いとしよう。
ですがねえ。以前は全ページ分のリンクが表示されていました。
今は、5頁までなんですね。で、その先は、[NEXT]押してじわじわ進むっきゃないのだ。
せめて、「次の5頁」とかってボタンがないと、死にます。
ブログの場合、だいぶん昔の記事にコメントもらったりトラバもらったりする事がある。
コメントはまあ、いいです。メールでお知らせ機能を使っていれば、そこに直URLが出ているから、それクリックすれば、該当の記事を表示させられる。
でもねえ、トラバは違うんだよ。
相手にトラバ返したいなあとか思うでしょう。300記事以上前の記事だったら、どうよ?
編集するために該当の記事を探すのが、非常に非常に、大変。

◆コメント
これは間違いなく、改悪です。
コメントは、先着順に上から下へ表示されていく仕様になっているのな。
以前は、コメント入力欄が最下部にあったため、一番下に表示されている最新のコメントを見ながら、レスを書く事ができた。
ところが、今は、コメント入力欄だけ、上にあるんだよ。
お知らせメールにあるコメント全文を見ながら、あるいは、いちいち下までページをスクロールして、レスしたいコメントを読み、またまたコメント入力欄に戻れってか?
コメントが集中する記事の場合、おそろしく苦痛だぞ。
はっきり言って、使い物になりません(汗)。

◆トラックバック
アメブロ内へのトラバでも、不成功する事がある、という報告を読んだ。
一応私はアメブロ内にもアメブロ外にも今のところ正常にトラバできている。
ですがね、アメブロ外からトラバしてもらって、お知らせメールが来た時、文字化けしてるんですよそれが(笑)。
ココログ、シーサー、ライブドア、ぜ~んぶ、ダメ。
従って、せっかくのお知らせメールがあっても、元記事見ないと、どの記事にどんなトラバが来てるかわからんのです。

◆お知らせメール
はい、これも改悪。
差出人メールアドレスが変わったのば別に良いけどね。
Dateフィールド、空ですか? スパムと間違いやすいぞ、それは。
おまけに、本文見ないと、いつ入ったコメント/トラバかわからないってのも、ちと不便。
さらに言えば、以前は、コメント&トラバと、読者登録では、メールのタイトルが違っていたのだよね。
今は全部同じです。
分けてほしい。整理と管理の為に(笑)。

◆プロフィールの写真
一律、小さくするのは別に悪いとは言わないけど、小さくしすぎ。
70×70ピクセルだそうだけど、せめて100×100程度にならないかね?
おまけに今までは写真より文章の方が下だったけど、今度は逆なんだよねえ(笑)。なぜ。
画像っていうのは、一番手軽に、ブログの個性を発揮できる部分なわけで、ブログ主の感触をつかむのにも、とても有効なツールなんだけどね。

◆記事本文中の画像
以前は、左側、右側、真中って風に、位置指定ができたのだ。
今回、まるでできなくなっております!
おーい(笑)
しかも、過去記事まで含めて、一律、左寄せに……。
なんじゃこれは?
せっかくのレイアウトがぐしゃぐしゃですよ。

◆不具合各種
枚挙にいとまがない(笑)。
編集画面で改行コードが反映されない(Shift+Enterキーでおおむねなんとかなっているが、それがだめな人もいるようだ)。
CSS編集が反映されない。
タグが正常に反映されない。
MACの場合、ほとんど全てのブラウザで、なんらかの不具合が発生する!(いちいちあげているとキリがないほど)。

いや、他にもいろいろあるようだが、私がとりあえず確認して、「困るぞ」と思ったのは、このあたりだな。
他にもあったかもしれないが、まあいいや。
いくら大幅リニューアルといっても、これは、激しすぎ(笑)。
リニューアルしてから、充分な事前の動作確認があったとは、到底思われない。
「動作確認した」と主張されても、誰もがこう言うだろう。
「しただけじゃ意味がない!」と。
ほんとに動作確認していれば、これほどの不具合、気づかないわけがなかっただろう。

さて、改行の件だけは、一応、「対応中ですので当座はShift+Enterで改行して下さい」というアナウンスがあった。
ありましたが、管理画面でのアナウンスは1日で消えています( ‥)/
毎日ブログにアクセスする人ばかりではないと思うのですが。
(それとも、リニューアル後初めて管理画面を開けた人には表示されてるのかな?)
そして、それ以外の様々な苦情や要望には、なにひとつ、答がない。

確かに、「お問い合わせ」画面を開くと、回答には5~8営業日いただく事がありますとかなんとか、書いてあるけどね。
普段の、個別の問い合わせに関してなら、それでもいい(遅いと思うけど! 一般的に、回答待ちができるのは、平均3日。ガマンの限界に達するのが1週間でしょう)。
どんなに最低でも、
「たくさんの不具合でユーザーの皆様にはご迷惑をおかけしています。現在対応中ですので、個別の回答も、遅くなっております。何とぞご了解下さい」
くらいのアナウンスを、ログインに要するトップページか、管理ページに置くべきだ。

さて。
アメブロがなぜ批判されているのか。
いかにも手落ちばかりと見える、この大リニューアルそのもの以前の問題があるのだ(笑)。

そもそも、システムをいじくれば、何らかの不具合が出る事は、SEでなくとも想像できるはず。
当然、ネットサービスを手がけている会社ならば、そのリスクは織り込み済みでなくてはならない。
従って、リニューアル後は、トラブルに対応すべく、社の体勢を調えておかなくてはいけない。
それでも、どうしてもどうしてもどうしてーも、土日祝日は休みたいんです!
そう言いたいなら、土日直前にリニューアルオープンするのは避けるべきだったな。
ユーザー側から見れば。
まず、36時間のリニューアルメンテで、サービスを使用する事ができなかったわけだね。
で、オープンしました、不具合続出です。
問い合わせ、質問、要望などを、投げる。
すると、土日は営業日じゃないから、対応も回答も一切ない。
土日ってことは、48時間放置です。
へぇぇ、ふぅぅん、ほぉぉぉぉぉ。
単純な、全ユーザー向けのお詫びメッセージすら、ないんですねえ。
48時間も。
そもそも36時間のサービス停止で、そこそこストレスが溜まっているユーザーに対して、48時間のだんまりとなるわけですね(笑)。
長いですよ、これは。
あまりにも長い。
なぜって、ネットは365日、24時間、ノンストップなんだから。
普段の事ではない、大幅リニューアルという一大イベントであればこそ、それなりの体勢を取っておくべきではなかったかな?
実に、アメブロが現在批判されている理由の根本は、ここにあると私は思う。
本業からしてインターネットサービスに携わる会社であるにもかかわらず、ネットも、ネットのユーザーも、甘く見過ぎている。
今回の件で、間違いなく、アメブロは大きくブログサービスとしての信用を落とすだろう。
回復には、相応の努力と時間がかかりますよ。
信用を失うのは一瞬だけど、回復は大変なんです。

| | Comments (18) | TrackBack (11)

April 02, 2005

やっぱり基本は大切

同じ流派内でも、他の道場の事は知らないが、とりあえずうちの道場では、
「この練習メニューは黒帯、せめて茶帯になってから」
と館長先生が言うやつが、幾つもある(笑)。
たとえば、サンドバッグを蹴る時に、つま先をまっすぐ当てる。
足先(そくせん)蹴りなわけだけど、これをやるには、足指を鍛えていないと、危ないってのもあるし、そもそも上地流系の蹴りは、ちと難しいので、そこらへんの基本をおさえてからっていう意味もあるんだろう。
もっとも、先生は「すごく口うるさい」というタチじゃないから、茶帯に到達していない人がそういう練習に手を出しても、(いや、この場合は足を出してるわけだけど)、別に注意をしたりは、あまり、しない。

私は、最初に級を取る時、ちと飛び級したので、その分、上位者から教えてもらえる時間が他人より短いって事になるのな。当然の話だけど、級なり、段なり、上に行くほど、手取り足取りは教えてもらえなくなるわけだ。
剣道やってた頃に、最初に基本で手を抜くと、後で教えてもらえなくなってきた時に壁にぶちあたるというのがわかってるので、今も、指示されない練習方法にいきなり飛びついたりは、していない(笑)。
足先は鍛えてるけど、サンドバッグをつま先で蹴るのはもっと先でいいや、なーんて思ってたわけだ。

でも、なかには先を急ぐ人っていうのもいるわけな。
内心、「滅多に道場に来ないんだからやめとけよ」とか思うんだけど、そいつは体がある程度デキてるって事もあるんだろうな。
サンドバッグ、有段者のマネして、つま先で蹴るわけ。
どうなるかな~と思って、見守ってみた(笑)。
すると、やっぱ、まだ基本ができていないわけだから、引きが甘いっていうかできてないし、中心線がずれまくるのな。普通に蹴れば、もちっとマシな感じ。
「他人のフリ見て」……なんて言うけど、ほんと、基本は大事だ。
これ、自分でやってる時に体感できる事ってあまりないけど、こういう事例が目の前にあると、すげー納得できるな。

俺より1つ下の級で、よく組んで練習するSさんが、やっぱそれ見ていて、
「とらさん、今日、足先でサンドバッグ蹴ります?」
「蹴りませんよ。基本が体にしみついてからやっても遅くないっしょ」
うんうん、と思わず顔をみあわあせるSさんと私。

サンドバッグとかって、ついつい、力任せに撃ったり蹴ったりしたくなるけど、それやると、形崩れるんだよな(笑)。
そのことと、同じか、と思うわけだ。
先を急がず、やっぱ基本はじっくりやっとくべきだな。
いや、気取りじゃなく、マジで(笑)。
下の級なら、ある意味、そういう気負った先走りみたいな事しても、笑ってすまされるけど、上に行けばいくほど、「笑えなく」なるもんなあ。

今日は、特に面白い練習メニューとかあったわけじゃないけど、教訓は得た!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »