« 棒術で個人指導してもらう | Main | いわゆる「傾向と対策」 »

April 27, 2005

空手と古武道で交流すること

今日は道場に来た人数が少なかったから、館長先生と話すチャンスがつかみやすかった(笑)。
ので、いちおう、聞いてみたのだ。
実はブログ(まあ日記みたいなものですと説明)に空手の事とか書いていて、他の流派の人とも交流があるんだけど、そういうのはまずいですかと。
先生いわく、「おおいにやりなさい」という事だった!
「たとえば、他の流派の人と、一緒に練習などをしてみてもいいと思います」
とも、言われた。
空手オフか……(さすがに東京と九州だと難しい)。
古武道の方も、先生にほぼ同じ事を言われているので、今後とも安心して、空手と古武道の事が書ける(笑)。

|

« 棒術で個人指導してもらう | Main | いわゆる「傾向と対策」 »

Comments

うちも他流はの方と交流するのは奨励されはしませんが、大丈夫ですね。大学の授業で松涛館流習ってますし。しかし、他流派の癖が出るとあまりいい顔はされません。うちの師範は、他流派は自分の流派の比較対照用にして、自分の流派を極めていくというように考えているみたいです。

Posted by: 和尚 | April 28, 2005 at 01:09 AM

私は、特に他流の道場で練習した事はないので、なんともいえませんが、多分、他のところのクセが出たら、注意で、なおされるだけだと思います。
あまりにもしつこく、クセが直らなかったら、何か言われるかもしれませんが……(笑)。
いずれにせよ、他流と比較すると、自流のやりかたの長所や短所がわかるので、それはそれで、大変面白いと思っています。

Posted by: とら | April 28, 2005 at 10:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64046/3886220

Listed below are links to weblogs that reference 空手と古武道で交流すること:

« 棒術で個人指導してもらう | Main | いわゆる「傾向と対策」 »