« 型の手順をノートする | Main | 最近見学に来る人 »

May 09, 2005

それは、門外不出

日曜日の古武道、先制がデジタルビデオカメラを持ち込み。
門下生の型をひとりひとり録画して、どこが良くてどこが悪いかを、その場で映像と一緒に説明してくれた。
単に口で言われるより、非常にわかりやすい。
ところで、この映像なのだけど。
古武道(琉球古武道保存振興会)では、ビデオや写真の撮影、基本的に禁止なのだそうだ。
いや、もちろん、日曜に先生がやったように、自分や門下生の稽古・研究のために撮影するのはOKなんだけど。
部外者が撮影しちゃいけないらしい。
同じ流派の者でも、たとえば沖縄に行って、本部の先生たちの演武や指導を撮影して帰ってもいけない。
また、もちろん、門下生が撮った自分のビデオをよそに見せるのもいけない。
たとえ同じ流派の他道場であっても、だめなんだそうだ。
どうしてかというと、写真やビデオをよそに流すと、それを見て、独習されてしまう。
たんに憶えられるというのだけならともかく、そこで我流の稽古をされてしまうと、流派が分裂する原因になってしまうというんだな。
……なるほど。
けっこう、うるさいようでも、ちゃんと理由があるわけで、それはそれで正論だと思う。
だけど、あまり門外不出にしていると、世間的な知名度は、上がらないような……。
なるべく原型を崩さずに保存し、伝える事が優先という事なんだろうけど、「技」として保存するには、やっぱり、やる人が多くなる方がいいんじゃないのかなあ。

|

« 型の手順をノートする | Main | 最近見学に来る人 »

Comments

なるほど。私のところは、講習会とかがあれば、すぐにビデオ撮ってきてよということがいます。私個人の意見としては、実際に習う事こそが重要なのであって、ビデオで見ても分からないじゃないかということでそれには反対しているのですが、独習を禁じて分裂を防止するという意味があるのですね。納得です。
しかし、とらさんの言うように、保存するという面では必要な事かもしれませんね。。難しいところだと思います。でも、基本的にはやはりビデオに撮ってくるというのは反対ですね。習った人間が復習で見るって言うのなら考えますけど・・・。

Posted by: 和尚 | May 10, 2005 at 02:34 AM

字を間違えましたm--m
ビデオ撮ってきてよということ→ビデオ撮ってきてよという人
が正解です

Posted by: 和尚 | May 10, 2005 at 02:36 AM

>和尚さん
武道書を読んだりしていても、
「ともかく、実践しましょう」
と書いてあるのが普通ですよね。
読んだり見たりするだけでは、身に付かないと思います。
ビデオで見たい気持ちも、わかりますが、その人は、実践はちゃんとやっているのか、気になっちゃいますね。
ですが、流派の型が変化したり、流派が分裂する可能性をなくすためという理由は、私も全く思いつかず、
「なるほど~」
と思いました。
本部の先生方は、
「ともかく、憶えたければこっちに来て、じかに教えを受け、練習して憶えなさい」
という方針なのだそうです。
もっとも、本土から沖縄ならまだなんとかなりますが、外国から……というのは難しいので、外国にはビデオの制限も、ややゆるいそうです。

Posted by: とら | May 10, 2005 at 07:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64046/4057199

Listed below are links to weblogs that reference それは、門外不出:

» 気になる記事 [和尚の方丈]
 今日、いつものようにとらさんのブログを覗いてみると、かなり興味深い記事が載っていました。 <A HREF="http://kotora.cocolog-nifty.com/">詳細はこちら</A>  果たして、道場での光景を、他流派や他道場の者がビデオ撮影をするのは可か不可かこれは人それ... [Read More]

Tracked on May 10, 2005 at 03:10 AM

« 型の手順をノートする | Main | 最近見学に来る人 »