« いわゆる「傾向と対策」 | Main | 昇級審査をする意味 »

May 01, 2005

前進、でもワナあり

今日の古武道は、我ながら微妙な内容(笑)。
まず、棒は、周氏の棍のOKが出て、佐久川の棍に進める事になった。
だが、佐久川の棍って、手の持ち替えがすげー多い!
そっちに気を取られて、周氏の棍で出来ている事が、出来なくなってしまう(笑)。
もうひとつは、一箇所、右を深脚して、体を沈めるところがあるんだけど、まあ深脚するのはいいとして、そのあと、下を打ちながら右足だけで立ち上がってすぐ前に寄り足っていうのが、つらい!
右膝、靱帯を一度いためてるからね。
よろってなるので、
「若いんだからしっかり!」
とか言われた。うがあっ(笑)。

で、ヌンチャクだが。
今やってる前里のヌンチャクっていう型は、おお、なんとか憶えたじゃないか(‥
細部はまだだけど、とりあえず、手順は憶えた感じ。
でも、ここでも問題がある(笑)。
なんせ他の人に比べ、ヌンチャクをやってる時間が短いっていうのもあるんだが、基礎ができていないんだな。
いや、最初から、こういう、直線じゃない武器ってちょっと腰が引けてたのもいけないんだが(私がやりたかったのは、そもそも、棒術と、釵術)、あー、振れない。
手順を憶えても、きれいに振れないと意味がないので、ちょっとGW中は、家でも練習しよ。
ところが、振る(ていうか、打つ)練習をしている時に、左の親指の関節を思い切り打ってしまったのだ(笑)。
いってー。
これが尾をひいて……。

釵の練習に入った時、打った親指が痛くて、ちゃんと握れないのだ。ぐはあ。
ちゃんと握れないってことは(釵は金属でできている分、重いので)、ちゃんと突けない、打てないっていう事に。
型の途中、焦って、ど忘れしちゃった。あーあ。
終わりの方は、なんとか握れるようになったので、良かったけどね。

内容は微妙だったけど、進めたところは進めたって事で、3時間半、結果的には充実してたかな。

|

« いわゆる「傾向と対策」 | Main | 昇級審査をする意味 »

Comments

今日、OBの方に合う機会があり、やはり古武道はやったほうがいいといわれたので、道場探します。まあ月に二三回のペースになるとは思いますが。

Posted by: 和尚 | May 01, 2005 at 11:02 PM

いい道場があるといいですね!
きっと、和尚さんもはまるんじゃないかと思います(笑)。
棒が良いなあ、と思うのですが、最初あまり興味がなかったヌンチャクとかも、やればやはり面白いので、空手とは別次元で、興味が尽きません。

Posted by: とら | May 01, 2005 at 11:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64046/3939490

Listed below are links to weblogs that reference 前進、でもワナあり:

« いわゆる「傾向と対策」 | Main | 昇級審査をする意味 »