« 大波乱 | Main | 猛暑の中で空手する »

July 24, 2005

魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE

mekazawa01
今回の映画は、ともかく「メカ沢」と、
『宇宙猿人ゴリ』がテーマである。
あ。
青春映画だ、というのがタテマエであり、まあ中身も一応そうとは言えるのだが、あくまでも、テーマは、これ。

こらこら、『宇宙猿人ゴリの歌』を、そこでいきなり、歌い出さないように。
映画の中で、ちゃんとオリジナル(たぶん)の映像つきで登場するぞ。
しかも、これのアレンジバージョンも、「スペクトルマンGOGO」のアレンジバージョンもあったりするのだ。
ううむ、なんてマニアックなんだ(笑)。

まず、ともかく、配役が前評判通りすばらしく、イメージ通りで笑えたのだが、
なによりも最初に「ネタ」というか
「ツカミ」というか
場内一斉の笑いを誘ったのは、これだ!

この映画に登場する人名、学校名等はすべて架空のものであり、実在する人名、団体名とは一切関係ありません

どわははははは!
いや、普通はこれ、笑うところじゃないですね。
てか、よくある文言ですね。
でも、なんつったって、この映画はな。
事前に、訴えられているわけだよ。
  他にこんな記事も→夕刊フジ
  さらにこんな記事も→デイリースポーツ
あえて言うが、同じく名前がもじられた(使われた)と考えられなくもない(笑)、
デストラーデやマニエルやバースは、ひとっことも、抗議も訴えも起こしてはいないのだ( ‥)/
てか、ギャグに目くじらたてるのは大人のする事じゃないよなあ。
おまけに実際は、不良賛美の話などではないんだし(むしろ主人公のスタンスは、逆)。
日本人で、クロ高を知っている人の目から見れば、あまりにもクロマティが、おとなげない。
だからこそ、ここで失笑が(笑)。

もちろん、こういう文言は、巻頭または巻末にかかげるものと決まっているが、
巻頭にあげたことで、映画としてはおもいきり得をしているのではなかろうか?
少なくとも、ここで観客はみな映画の味方に(笑)。
ぷぷぷぷぷ。
また笑ってしまった。

さらに、いきなり最初から、クロマティ高校の歴史が語られてしまうのだ!
なんだか、まるで、NHKかなんかの歴史ドキュメントかなんか見ているみたいだが……。
しかーし。
淡々と、古そうな白黒フィルム(として作ったのだろう)と、ナレーションでつづられるそれは。
繰り返しギャグ。
笑える。

とはいえ、その笑いが生きるのも、本編が面白かったからだ。
なんつうか、どの役者も、作品世界にぴったりはまってるのだ。
主役級の皆さんは当然としても、ちょっとびっくりなのは、
クロ高1年2組(主人公がいる組)、
そのとなりの3組、4組、5組まで、教室が出てくるわけな。
そこにいる、端役というか、エキストラクラスの「不良高校生」。
クラスごとに、みんな、違う人なんですね( ‥)/

あ、もっとも、パンフレットによると、一部の(高校外の)エキストラは、ロケ現場の地元の人をまきこんだ例もあったもよう。

そして、冒頭でも語った、ゴリとラー。
いやあ~。
忠実に再現してるのな……(笑)。
ちなみに、ゴリの声をあててるのは、『宇宙猿人ゴリ』で実際にゴリの声をあてていた小林清志。
だいたいが、ゴリっていうのは、悪のマッドサイエンティストなのだが、そのある意味セコい「悪」さが、クロ高世界にぴったりとはまっている。
もともと、原作のクロ高にも、宇宙人がやってくるという話はあるんだが、映画では、それを単なるグレイ型宇宙人ではなく、宇宙猿人ゴリにしたところが、ウマイ!

そして、この一事に見ることができるように、ストーリーは漫画の中のものを使い回しているようで、実は違う。
うまいことアレンジし、つなぎあわされており、そして全く違うクロ高ストーリーになっているのだから。
漫画と同じならいいや、と思うのは、大きな間違いであると言っておこう(笑)。
そして、だからこそ、漫画の方を全く読んでいなくても、大いに笑え、楽しめる映画でもあるわけだ。

みょうなところにマニアックに凝った映画であるとも言えるしね(‥
(そういや、ローソンチケット、パンフレットと同じデザインだった。プリントアウト式のローソンチケットで、絵つきのものは珍しいそうだ<ローソンの店員 談)

ところで、一番上の画像は、初日初回に配られた、非売品のメカ沢うちわである。
裏面は、これ。
ただし、うちわとしては、ちょっと使いにくい。

|

« 大波乱 | Main | 猛暑の中で空手する »

Comments

早速見に来ましたよ~♪

いやあ、とらさん、貴方って人は。
罪なお方です。もうこれでこの映画、見に行かなければ気がすまなくなりました。
もともと漫画の方は好きだったんすけどね。
映画はもともと見る気はなかったんですよ。

というわけで財布とカレンダに相談してきます~。

Posted by: フーシェ | July 24, 2005 at 03:12 PM

>フーシェさん
歓迎光臨!
ね、面白そうでしょう(笑)。
夏休みは、フーシェさんのお仕事だと大変忙しそうですが、時間が作れましたら、ぜひぜひ。
きっと、後悔はされないですよ。
私は、DVDが出たら、DVDも買ってしまいそうです。

Posted by: とら | July 24, 2005 at 07:21 PM

初めまして、公開初日に見に行きました。
やっぱ、「つかみはOK」でしたね!
クロマティ高校の歴史・・・で「校舎がまたも全壊」のところなんか場内大爆笑でした。

「宇宙猿人ゴリ」は知らなかったのですが、なかなか良いキャラでした。謎のヘアバンドもうまく活用されていましたし。

今になって、メカ沢枕を買っておけば良かったと後悔しています・・・

Posted by: 朱雀門 | July 25, 2005 at 11:58 PM

>朱雀門さん
いらっしゃいませ。
歴史の部分も、大爆笑でしたね!
「そして○回目の校舎全壊」……なんか、めちゃくちゃしょーもない理由もありますし。
「宇宙猿人ゴリ」は、もとのキャラクターそのまんまだったと思います。
映画公開前に、公式サイトで登場する事を知り、「むぅ~」と思っていたのですが、あれほどクロ高の世界にはまるとは(笑)。

メカ沢枕。ビーズクッションでしたね。
「柔らかいなんてメカ沢じゃないやい」
と、購入は見送ったのですが、確かに、ゲットしておくべきだったかもしれません(汗)。

Posted by: とら | July 26, 2005 at 10:47 AM

TBをしました(^^;)
宇宙猿人ゴリについての知識がなかったので
なるほど!!と参考になりました!!初日ではなかったので
うちわをGETできませんでした・・DVD買おうと心に決めましたよ
★バカ笑いをするなら側に置いておきたい一品ですね★

Posted by: ラブチュ | August 18, 2005 at 11:34 PM

>ラブチュさん
うちわは、メカ沢である、というところにのみ、価値があるような気がします(笑)。同じものが、雑誌の懸賞(?)などでも、一部配布されたようで、わりに持っている人は多いのかも。
『宇宙猿人ゴリ』(スペクトルマン)、私のブログを読みに来る人は、30代半ば~40代の人も多いようで、連続して
「歌える」
と言われてしまいました(笑)。……私も歌えます(爆)。
DVDは、私も買うと思いますねえ。何度見てもきっと笑える事でしょう。

Posted by: とら | August 19, 2005 at 04:07 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64046/5127822

Listed below are links to weblogs that reference 魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE:

» 魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE [朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」]
★監督:山口雄大(2004年:日本作品) 大阪・テアトル梅田にて。 初日のせいか、立ち見が出るほどの盛況でした。 ちなみに、観客のヤンキー指数:0、氣志團指数:0(当たり前か)。 ★あらすじ あるきっかけで、ワルの巣窟:クロマティ高校に入学してしま... [Read More]

Tracked on July 26, 2005 at 12:03 AM

» 第三十回目の元カレ日記 [★★元カレ日記★★]
 今回は、「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」の感想を書きます。  早く書くつもりが・・体が追いつかなかったので(-_-;)内容忘れそうだぁぁぁぁ  ちなみに火曜日、おもっちと会う予定でしたが・・おもっち、他の女友達と会う約束を  取り付けていたので「予...... [Read More]

Tracked on August 18, 2005 at 11:27 PM

« 大波乱 | Main | 猛暑の中で空手する »