March 26, 2006

漢字バトン

ネットで活躍中のボディビルダーであり、猫たちの優しい飼い主でもある喜八さんから、今度は漢字バトンがまわされてきた。
うぉぉ、漢字か!
漢字といえば漢和辞典。
高校くらいまでは、時々漢字辞典を読んだよなあ。
最初のページから順繰りに。
漢字は世界最強の表意文字であり、日本人は、これと、ひらがなとカタカナとアルファベットを渾然と使っているからこそ、多様な文化の受容性、同化力が高く、融通がきくのだと思うが、どうだろう?

さて、それでは。


【Q1】前の人が答えた漢字に対して自分が持つイメージは?

「遙(はるか)」
遥かな、といえば、想像もできないほど遠くのこと。天と地の距離、あるいは水平線の向こう。
それは「自由」であり、「追っても追っても手の届かないもの」であり、
しかあれども、「追うことを忘れてはならないもの」でもあるだろう。
いやしくも男子たるもの(そして女子たるもの)、遥か彼方に「なにか」がある事を忘れてはならないし、
時々は、そこへ目を向けなくてはな。
だが、もうひとつ。それは「死につながる」かもしれないということも、心の隅にとどめておかなくてはいけない!
(そして、それを懼れすぎても、懼れすぎなくても、いけないのだ)。

「雪月花(せつげつか)
中国の詩人は、月をうたい、花をうたっているけれど、目の前の雪をいとおしんだ詩は、ほとんどないような気がする。北征して、寒くて寒くて寒くて寒くて寒くて、雪が軍旗にはりついてるじゃんーっ みたいなのはみつかるんだが(笑)。
そう、雪月花といえば、それは、まさしく、日本人の感覚だろう。
春は花を。
夏から秋は月を。
そして冬は、雪を。
縁側で、あるいは野っぱらで、間近に見ながら、楽しむ。
加工しない、そして人が介在しない、生の自然を楽しむのだ。
中国の漢詩ならば、その中に人がいる事が条件だろうけど、日本の「雪月花」の精神は、そこに人の介在はなくてよろしい。日本では、人は自然と一体化する。というより、人はあくまでも自然の一部なんだよな。
明治以降、忘れられてきてるけどね。

「直江津(なおえつ)」
直江津……?
地名だ。
聞き覚えのある地名だ。
そうだ、上越の近くだ!(検索してみたところ、現在は上越市の一部?)
だが、上越といえば私にとってはひたすら「スキー」であって、おそらく直江津という地名は、スキー場へ行く途中、目にしたものなのに違いない。


【Q2】次の人に回す言葉を3つ

うーむ……(笑)。いや、とりあえず、指名して回す予定は、私にはないんだが。
もしかして、奇特にもバトンを拾っていく人がいるかもしれない!
だから、やはり3つ選んでおくことにしよう。

「宇宙」
「冒険」
「勇気」

とりあえず、マニアックな言葉ははずしたぞ( ‥)/
いやー、ほんとは「玄空」とか入れてみたかったんだけど(笑)。


【Q3】大切にしたい言葉を3つ

「希望」
「夢」
「信頼」

それは、人生において、絶対に失いたくないものだ。
この3つがなければ、それは死んでいるのと同じなのだ。
そして、絶対に犠牲にはできないものなのだ。


【Q4】漢字のことをどう思う?

前段でも述べたとおり。
世界最強の表意文字!
ものによっては書いたり読んだり覚えたりするのは大変かもしれないが、なーに、大抵の漢字は、なりたちのシステムさえおぼえれば、読めなくても意味はわかるものさ。
表意文字なんだから(笑)。
漢字はイマジネーションを育てる文字だと思うし、クリエイティヴな文字でもある。


【Q5】最後にあなたが好きな四字熟語を3つ教えてください。

「弱肉強食」
生命の基本原則。弱いものは喰われる。
だが、喰われる事で、生命を強者に受け継ぐんだよな。
強者は、弱者を喰うのなら、その命を引き継ぐ事を考えなくてはならない。
野菜だろうと、山菜だろうと、家畜の肉だろうと、野性の魚だろうと。
食べる時には感謝の心を忘れずに。
そして、弱者を助けられる余裕があるのなら、助ける事を忘れてはいけない。
それがほんとうに「強い」という事だろう!

「質実剛健」
理想のライフスタイル。
生活に半端に苦労する事がないのなら、こうありたい(笑)。
とか言いながら、本だのCDだのDVDだのゲームソフトだの……
そういうものが空間を埋め尽くし、質実剛健から遠ざかっていくのだよなあ。
いかんな。

「一気呵成」
現実のライフスタイル、かもしれない(笑)。
なにかやるとなったら一気に行くぞー!

そして、番外。「虎視眈々」。とらだから。


【Q6】次に回す4人へ、イメージする漢字を添えて。

喜八さんが私にいだく漢字のイメージは「拳」なのだそうだ。
理由は、空手をやるから! 押忍。
もっとも、現実には私は蹴り技の方が得意なのだが、やはり空手って、まず「正拳」のイメージが強いのだと思うし、実際、これが一番の基本技だと思う!
まっすぐ、しかも目標直前でひねりこむように、回転も充分に使って突き入れる拳。
正攻法の最たるものだ。

さて、バトンをまわすというわけではなく、単純に。
普段、交流のあるブロガーの皆さんに、一文字ずつ、贈りたいと思う。
具体的には、3月中に、2~3回以上、往来のある人かな。

まず、バトンをまわしてくれた喜八さん。
「撓」(しなう):しなやかなものは、一見弱く柔らかそうに見えるかもしれないが、実は強く見えるものより、本質は強いのです。

つなさん。
「珠」:石の一種ではなく、生物(たとえば、あこや貝)が体の中で形作るもの。柔らかく優しい光をたたえた、生き物が作る宝物。少しずつ、ゆっくりと育つ珠は、つなつなのイメージにぴったり。

ペトロニウスさん。
「鋭」:知性も、生き方も、鋭く切り込むタイプだと思う(笑)。たとえ、時にその切っ先がにぶったり、疲れて青眼から落ちてくるように思えたとしても、研げば再び光を取り戻す。但し、ときに容赦ない事もある。だが、それは必要な容赦のなさ、というものだろう。

いちみさん。
「弾」:ずだーん! ……と、発射される方ではなく、「はずむ」。どんな壁にぶつかっても、壊れることなく、楽しげに弾む事ができる。ぽーんぽーんぽーん! 元気が良くて、かりに動きが止まっても、また投げ上げれば、弾みだすのでは?

もとさん。
「花」:今はいろいろ大変なもとさん。でも、絶対にまた、花咲けるよ。忘れずに。花は弱いように思えても、毎年咲く、強いものなのだ。

rizwordsさん。
「奇」:ことばあそびが得意なrizwordsさんは、人の意表を突く事がお好きとみた! この文字は、奇妙とも使うし、奇麗とも使いますね。

ぐるぐるさん。
「妙」:クリエイティヴをまさしく職業にしているぐるぐるさんには、「妙」。奇妙巧妙、妙なる調べ。創造性と匠の心、それがミクスチュアされたような文字が「妙」ではないかと。

蝶蝶雲さん。
「凛」:きらきら、子犬のワルツの蝶蝶雲さんに漢字をあてはめるとしたら、これかな。ワルツの下に、凛としたイメージがありそうだ。

さあ、当たっていると思う人も、
当たっていなーい! と思う人も、
ご笑覧ということで。
もっこもっこ、とらおどり。

| | Comments (14) | TrackBack (4)

August 31, 2005

調味料バトン


明るい空さんから調味料バトンがまわってきました!




【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。


目玉焼き  
納豆   醤油たっぷり(プラス、オクラか分葱か紫蘇きざみ)
餃子   なにもつけない
カレーライス   なにもつけない
ナポリタン   喰わない(喰う場合はタバスコまたはサルサと粉チーズとパセリ)
ピザ   つけない、またはハラペニョソース
生キャベツ  
トマト   つけない
サラダ   塩、場合によってはサルサ
カキフライ   中濃ソース
メンチカツ   喰わない
コロッケ   とんかつソース
天ぷら   つけない(天つゆとか塩をつける時もあるが外食に限る)
とんかつ   とんかつソース
ご飯(おかず無しの時)   ふりかけ・ごま・ちりめんじゃこ・生卵のうちのどれか
つけないものが多いですねえ。
素材の味を重視する日本とら。
てか、獣ってふつー塩くらいしか調味料をつかわ……え。それは調味料と違う?

【Q2】 周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?

かつおの刺身を食う時に、
生姜たっぷり+すりおろしにんにく+醤油たっぷり
のたれをつける。
生姜はともかくにんにくを入れるのは珍しいと言われた事がある。
うまいからいいんだ。

  【Q3】 それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか? サラダ系に、マヨネーズ。
サラダは良い。
だがマヨネーズなんか
「あんなの食いもんじゃねえーっ」(好きな人、ごめんなさい)。
どうしても耐えられない。
一滴でも喰ったら吐きます(汗)。


【Q4】 バトンをまわしたい5名は誰ですか?

参加してみたい人はどんどん、バトンを取ってください!

| | Comments (20) | TrackBack (4)

March 29, 2005

家出少女の帰宅

先日、「冗談事ではない少女の家出」でとりあげた、仙台の家出少女つぐみちゃん。このほど、無事に帰宅したという記事が親御さんのブログに掲載された。
良かった良かった。
彼女が家出に至った理由、二週間近くも帰宅しなかった理由には、きっといろいろあるだろうと思う。
でも、それは、これから解決していけばいい事だよね。

聖書には、有名な、「放蕩息子の帰宅」の話がある。
親と子供の間にどんな行き違いがあり、どんな断絶が発生し、どれほどの間わかれわかれになっていたとしても、愛情でそれを修復し、埋める事は、きっと、可能だと思う。

毎日、何件もの失踪事件が発生している事を思えば、無事、つぐみちゃんが帰宅したのは、ほんとに良い結果だったと思うのだ。今後の事は、もはや家族内だけの事だけれど、更に良い方向へ向かえるといいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 26, 2005

冗談事ではない少女の家出

私が、ブログ友であるぐたさんのブログ、「読書感情文」で、その記事を見たのは、一昨日の事だった。
ご協力お願いしますってなんだろう?
ぐたさん、時々面白い事やるからなあ。
ところが、読んでびっくり。行方不明の少女がいるのだそうだ。
その情報を、ブログでつのっている、そういう事。
もちろん、ぐたさんのお嬢さんではない。
おおもとの呼びかけは、親御さんのブログ、「つぐみ、どこにいるの」で行われている。そこに、リンクしていきましょう、少しでも広く、情報を求められるように。
そういう趣旨なわけ。
私は、ぐたさんとことリンクしているアメブロ上のブログでは、「記事は必ず本(出版物)にからめて書く」というのを不動のポリシーとしているため、この問題を記事に取り上げるには非常に迷った。
同じブログサービスの同じジャンルで、どの程度他の人が取り上げていくのかというのもあったし、単に情報を転載するだけでは、そもそも、読んでもらえないだろう。
また、ジャンル趣旨にももとる事になりかねない。
(基本的に、ジャンルが設定されているという事は、そのジャンルにふさわしい記事を、ゲストが探しに来るものと私は心得ている。こういう特殊な状況の時は、別でありますけれども)。
事実、ぐたさん以降、アメブロの本・書評ジャンルでも、次々にこの話題を取り上げる人が出てきて、
「今更アメブロで私が同趣旨の記事を出す事もあるまい」
と考えた。

ところが、昨夜、NIFのフォーラム仲間から、ただならぬ話を聞いたのだ。
この問題、昨日はヤフーのニュースヘッドラインにも出てきたのだけど。
現在、2chで叩かれているんだって。
「はあ? なんでまた? まあ、2ちゃんはなんでもヤリますけどねえ」
「それがね、お嬢さんを探しているお母さまが、同人腐女子だというので……」
「(そんな理由で叩かれてるとしたら)けしからん話だけど、2chでしょ? まるごとスルーできませんか」
「即売会でスペースを取っているらしいのだけど、もちろん、ご本人はそれどころじゃないでしょうけど、代理の人がスペースに入るでしょ? そこに、特攻をかけてくるバカがいるのではないかという心配が」
はあ……。
悲しい事だけど、「絶対にあり得ない」話では、ないかもしれない。

同人誌といえども、待っている読者がいるわけで、もし、代理の人がスペースに入って既刊本を売ってくれるなら、それにこした事はないですね。
(親御さんがこの問題を放り出してその場に出てくるなら、そりゃあ問題ですが)。
でも、(代理人による)同人誌販売と、お子さん捜しとは、「全く別の問題」だ。
もし、ほんとに特攻してくるバカがいたら、毅然として
「他のスペースの邪魔にもなりますから、やめて下さい」
と、退去をお願いすべきである。
それでだめなら、会場のスタッフまたは警備員を即座に呼ぶべきである。
で、それらの対処をする自信がないのなら、今回は即売会参加をとりやめるべきだ。
まあ、私が当事者なら、そういう判断をします。

なににせよ、2chで騒いでいる連中がいるだろうことは、想像に難くない。
ネットで大きく扱われる問題があるならば、必ず2chに関係スレが立つのは、ほぼ間違いないんだから。
しかし、そこで叩かれているからといって、「決して反応すべきではない」。
万が一にも、その連中が、2chの外で同じ行為をした場合も、同じこと。
泥沼になる事は目に見えており、精神衛生上、大きなデメリットがあるからだ。
不幸な事に、ネットで何かのアクションを取る場合には、今では、常に、こういうリスクを負う事を、覚悟しなければならないのだ。

それにしても、小学5年生の少女が行方不明になっているというのは、ただごとではない。
たしかに、十代前半って、
「家出したいな」
そう思う事ってあるよね。
でも、実際に家出しちゃう事は、あまりないし、もし家出したとしても、だいたいは数日のうちに居場所がつかめるものだと思う。まるきり行方をくらませるほどの智慧は、持っていないもの。
だから、この事件は、非常に深刻なのです。
思わぬような場所にいて、帰るに帰れなくなっているかもしれないでしょう?
そして、だからこそ、ちょっとした事でもいいから、親御さんは、情報がほしいんです。
考えてもみてほしい。
もう、10日をこえてるんだよ。
お化粧をして、中学生くらいに見えるかも、とはいっても、ほんの11歳かそこらの、幼い少女なんだよ。
こんなに長い間消息が知れないなんて、ただごとではありません。

自分が親だったら、どうですか。
眠れません。
食事だって、食べられないよ。
24時間、1秒1秒、いてもたっても、いられないと思います。

親って、そういうものだと思う。
親が日頃何をやってるかとか、どこの国の人だとか、そういうのは、関係がない。

もし、この件に関して、
「同人腐女子がブログ使って何やってるんだよ」と思ったりとか、
「凄い話題だな。しめしめ、これ利用してランキングあげてやれ」とか、
そんなような不謹慎な事を考えた人がいるなら、私としては、気持ちを改めてほしいですね。
ああ、これ、親御さんを代弁して、なんて事は言わないよ。
あくまでも、私個人の気持ちとして、そう思うのだ。
真剣に考えようよ。
そして、一刻も早く、つぐみちゃんが無事に帰ってくる事を、祈りましょう。
せっかくの、「インターネット」というメディアを、良い方向で、活用したいよね。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

February 22, 2005

テレビってそんなに偉いのか?

フジテレビは、ほんとはキライじゃない。
親父が昔フジテレビの番組の仕事、してたし。SF界では大御所の野田大元帥が率いるテレワークが仕事していたのも、フジテレビだよね。そのせいで、元帥主催の「チャンドラー船長歓迎パーティー」がフジテレビのカフェで開かれたのに、参加した事もある。前の社屋の時だけどな。
でも、今回のはなあ。

正直、ライブドアはキライなのだ。
前にこのブログでも書いた事だけど、ライブドア系列のフリーサービスで、サービス終了時の対応がむっちゃくちゃ悪く、しかもサポートに「嘘をつかれた」記憶があるからだ。
いや、相手が嘘をついたという確証があるわけじゃないんだけどね(笑)。状況から、その可能性は、非常に濃厚だと思ってる。内容は繰り返しになるから、書かないけどさ。

そういう、好き嫌いを超えて、今回の「ほりえもんバッシング」は、正気の沙汰じゃないと思う。
バッシングしている人たち、言ってる事に脈絡がなさすぎ。
テレビは公器です、電波は公共のものですって、それは別に構わない。てか、賛成するけど?
でも、フジテレビというのは、株式会社でもあるんだろ?
だったら、株を誰が買おうが、勝手でしょう。いやなら、防衛すれば良いのだ。普通、株式会社って、そうしているものじゃないのかな?
でなきゃ株式なんて公開すんな( ‥)/
いや、これも、極論であるのは承知している。でも、間違いじゃないぞ。
で、ライブドアがフジテレビ買収して、何が悪いんですかねえ?

もし、それが、
「メディアとしてはテレビが一番偉いんだから、たかがインターネットなんて新参のメディアに所属する会社の若造が、手を出してくるんじゃねえよ」
という理由だとしたら、日本のメディア自体、非常に情けない。

いいじゃないか、買収されても。
テレビだってこれから新時代だろ?
インターネットはもはやつぶせないメディアだ。
かといって、テレビがなくなるわけじゃないだろ。
事実、テレビが出てきたからといって、映画やラジオがなくなりましたか。
買収されて、ほんとに新しい、今までなかった可能性が開けるかもしれないぜ?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

December 04, 2004

アンチスパム

ねころぐに、「どんどんくるスパムメール」という記事が出ていたのだが(笑)。

スパムメールを防ぐ一番手っ取り早い手段は、フィルタだろうと思う。実際、私も、複数のフィルタを用いて、スパムメールは極力、おのれの目に触れないように処理している。
それでも、露骨なアダルト系スパムメールとか、しつっこい友達装いスパムなどは、
「ムカツク」と思った時点で、よりアクティブな対抗手段を執るようにしているのだ(笑)。
といっても、法律に触れるような事じゃないぞ。
徹底的に、送信経路を解析して、利用されてるISPに(ていねいに)対処依頼を送りつける。サイトのあるホスティング業者にも同様に、依頼。ホスティング利用規約で、アダルトとかスパミングを禁止していれば、かなりの率で、サイトつぶしができる。

実際のところ、こういう行動があるかないかで、ISPの対処などは、全然違ってくるのだ。フィルタのみで放置しておけば、業者はかさにかかったかのように、ますますたくさんのスパムメールを送るだけだからね。<なんたってコストが安いんだから
なので、受信した人がなるべくたくさん、ISPなどに対処依頼を行えばISPはそれを理由に判断・対処ができ、スパムの送信経路がひとつなくなる、という事になる。
たとえいたちごっこであろうと、実際にそれでスパミングをやめた業者もあるのだ。

とはいえ、来るスパムメール全てにそういう対策をとってるときりがないので、
「ムカツク」
と思ったやつだけにしているわけだ。

それとは別に、ネットユーザーの全体的な啓蒙も、必要なんだろうなあ、と思う。
スパミングされてきた情報は、信用しない。用いない。
そうすれば、スパムメールを送っても無駄という事になるだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 01, 2004

姑息な……

先日の記事にTBしてくれた方の記事と、友人からのメッセンジャーで知ったのだが。
フォーラムがWEBに移行しますというお知らせが、こんなところに載っているようだ。これは、@niftyのトップページからは、見えない。「フォーラム@nifty」の左「お知らせ」のところに「ワープロ・パソコン通信フォーラムについて 」というタイトルでリンクされている。はっきり言って、こんな状態で、「TTYフォーラムがなくなります」という重要な情報が、ユーザーに伝わるだろうか?

TTYの方も、NIFTY-SERVEにログインした時点で、このお知らせは表示されない。今週のお知らせにも載っていない様子。手動でコマンドを操作し、フォーラム(全体)のトップメニューに入って、初めて、
--------------------------------------------------------------------
フォーラム/ステーション FORUM

 これまでWeb 上とワープロ・パソコン通信上の両方で展開してきた
 各フォーラムにつきましては、2005年 3月中にWeb 上での展開へ
 一本化いたします。
 現在、ワープロ・パソコン通信上にあるフォーラムの今後のスケ
 ジュールにつきましては、各フォーラムごとに異なりますので、
 各フォーラムでのご案内をお待ちください。
--------------------------------------------------------------------
このような文言が出てきた。
今現在、TTYを使っているユーザーのほとんどは、なんらかの巡回ソフトを使用していると思うが、どの巡回ソフトでも、ここはジャンプしてしまい、見る者はいないはずだ。(いや、手動でコマンド打っていても、ふつー、GO [FORUM名]で行ってしまうから、わざわざ GO FORUM してここを見る人は、ほとんどいないと思われる)。

これで、ちゃんと発表しましたと口をぬぐうつもりなのだろうか!
勿論、ユーザーが、
「そんな話は聞いていない。どこで発表した?」
と問い合わせれば、
「これこれ、ここに出していますよ」
と答える事は、@nifty側にとっては、可能だよね。
でもなんだか、凄く姑息じゃないか?

素晴らしすぎる(皮肉)。


| | Comments (5) | TrackBack (2)

November 28, 2004

ライブドアが信頼できない理由、東武鉄道が信頼できる理由

私は、ライブドアが嫌いである。
いや、もうちょっと正確に言うと、「ライブドアを信頼する事ができない」と言った方が良いか。
それは、こんな事があったからなのだ!(笑)

かつて、「矢文」というフリーメールサービスがありました。smtpサーバーも提供してくれたし、なかなか使いやすいフリーメールだった。これが、最終的には、ライブドアの下流だったんですな。
ところが、smtpのあるフリーメールっていうのは、スパマー(迷惑メールの送信者)に悪用される事が非常に多く、矢文もいろいろ対策をこうじていたようだったんだけど、結局、サービスをやめる事にしたらしい。
その事は、それでいい!

ですがね。
矢文のサービスがなくなる事を私が知ったのは、楽天市場からのお知らせメールだったんだよ。
内容は、おおむねこんなものだったと思う。
「今月いっぱいで矢文のフリーメールサービスが終了するという連絡が弊社にまいりました。つきましては、矢文のメールアドレスで会員登録いただいている会員様には、メールアドレスの変更をお願いしたいと思います」
……はあ?
そんな連絡は矢文から、全く来ていない。
さっそく、矢文のサイトを見に行ったら、つながらない!
サポートのメールアドレスを登録時の確認メールかなにかから探し出して問い合わせをしてみました。
そして、矢文を使っている友人たちにも連絡を取ってみた。

結果は?
まず、友人たちも誰一人矢文から連絡を受けたというものはいない。
で、何人かが同じく矢文に問い合わせをしてみたわけ。

すると、返ってきたのは、テンプレート、つまり同文の返事。問い合わせをしたみんなで比べあわせたから、同文であるのは間違いない。
内容はだいたいこんなものだったと思う。
「サービス終了につきましては、すでに会員様へメールでお知らせしておりますが、一部の会員様にはメールが届いていない事がわかりました」
……はあ?
ちなみに、問い合わせ元は、皆、違うプロバイダのメールアドレスなんだよ。
どこかのプロバイダ宛が、サーバ障害かなにかで全然届きませんでしたというのなら、まあわからないでもない。
でも、どこ宛も(勿論、半分以上大手プロバイダだよ)、来ていないってのは、変すぎないか?
私の知り合いだけ抽出して送らなかったなんて事はあるわけないしね(笑)。
矢文の登録時期も、それぞればらばらなので、送付先リストが登録日時によって分けられてたとしても、これまた、全部来ないのは変すぎるだろ。
従って、ほんとはメールなんか送っていなかったのに、「送った」と嘘をついた、というのが、当時の矢文ユーザーであった我々の「印象」なのだ。
事実だろうと思ってるけど、状況証拠しかないので、「印象」にとどめておく。
そして、矢文のサービス終了については、矢文のサイトがいつのまにかなくなっていた上に、その上流(ちなみに、その件についての問い合わせを受けますと返事のメールにあったサイト)にも、告知されていなかったのだ。
フリーサービスとはいえ、これって、かなりひどいやりかただと私は思った。
ゆえに、「ライブドアは信頼できない」と思ったわけですね。

さて、ところで。
顧客情報流出のニュースが一時あいついだ。
先頭を切った感がある、東武鉄道の「102Club」は、私も会員登録をしていて、実際、情報流出による被害を受けた。
東武鉄道としては、ひじょーに、会社のイメージを下げる、まずい事件だっただろうと思う。
でも、その後の東武鉄道の対応は、事件を陳謝するとともに、刻々と、調査の進み具合や、被害の状況などをサイトに更新していくとともに、メールでも、また、郵便でも、知らせてくれた。
もちろん、調査などが完了し、対策が整うまで、「1102Club」は再開自粛だった。
なので、被害にあったにもかかわらず(といっても、架空請求の葉書が1枚来たっていう程度の話だけど)、私の、東武鉄道のイメージは非常にアップしているのだ(笑)。
残念ながら、行動範囲に東武鉄道が走っているところがないため、普段利用する事はできないが、「東武鉄道は信頼できる会社」と思っている。

この2つのケースについて、@niftyは、よーくよーく、考えてみてもらいたい。
TTY使ってるユーザーは、10年以上、ニフティ会員だった。古くからのお客さまを大切にするのは、普通のサービス業だったら、あたりまえではないかな? そういう顧客の信頼を失ってもいいのかな?
そして、今回の「TTYフォーラム撤廃」について、「ニフティと契約を結んでフォーラムを開設している会員」という、スペシャルなユーザーである、マネージャーたちに、一番の汚れ役を押しつけている事についても、もう一度考えてみてもらいたい。
対価があるからフォーラムを作っているのではなく、その場が好きだから。ニフティが好きだから。フォーラムのマネージャーなんていう、厄介な立場に立っている人が、どれほどたくさんいる事だろう。(これも守秘義務があるので、はっきりとは言えないけど、マネージャーはある基準に基づいて、ある程度の対価は受け取っていますが<公務員だからなどの理由で、受け取っていない人もたくさんいます  たいていは、労力にみあったものではないはず)。
そのマネージャーたちに、ニフティと、フォーラムの会員との、板挟みにならせているわけですね。
(なにがどう板挟みなのかとか、そういう事は、守秘義務があるので言えないのです。これでほんとにギリギリくらいだろう)。

「守秘義務」……守らせる側にとって、なんと都合の良い言葉だろう。
その影で泣いている人が、どれだけたくさんいる事だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

やめるならやめるできっちりと

前から噂になってた、TTY廃止、フォーラムのWEB完全移行。
アナウンスがないままに、@nifty社長のブログに書かれた。
ふぅぅぅん、そうですかあ~。
現状からして、そういう結論になるのは、やむを得ない事なのかもしれないが、それならそれで、ちゃんと公式に発表をしていただきたいものだ。
それが、ユーザーに対するケジメではないでしょうか?
私はフォーラムの非契約シスオペなんで、いちおー、守秘義務があり、マネージャーから聞いているあれこれも、ここでは書けんわけですが、その言えないあれこれ(今回の件だよ)には、ほとほと、呆れている。もうちょっと、会員を大切にしてほしいなあ。パソ通時代からの会員に、ほんとに、そういう態度でいいのか?
インターネットで新しい会員をどんどん入れるから、別にいいやという事なのでしょうかね……。
でも、ほんと、非常に、「裏切られた」気がしてるのだ。
TTY,なくすならなくすでいいんだ。でも、裏でコソコソやってほしくない!
堂々と公式発表してもらいたい。

| | Comments (4) | TrackBack (5)