August 11, 2005

道衣一枚あるかないか

昨日も1リットル、汗をかいてきた。
掛け値なし!
1リットル飲んで、それ以外の方法では排出していないので……(笑)。2時間半で1リットル。
さすがに、これだけ汗をかくと、後でぐったり。

夏休み/お盆休みの時期で、道場に来る人が非常に少なく、たいして語れるような事はしていないんだけど、ふと、思った事があるので、雑談ですが。
空手衣、いや、空手衣でなくとも他の武道衣でも良いのだけれど。
これって、どの程度「防具」になり得ると思う?

ドラクエでいうと、アーマーの低ランクのものって、
普段着<たびびとの服
武道衣って、イメージ的には、この、たびびとの服あたりでしょうかね。
なんか、ほんと、低レベルのイメージだし、実際、武道衣で銃弾や刃を防ぐ事はできないだろうけれど、
打撃をうけた場合は、あきらかに布1枚といえども、衝撃の度合いが違います。

三戦(サンチン)で打ったり打たれたりするたびに、実は、そう感じているのだ。
というのは、うちの道場の場合、三戦で打ってもらう側は、上半身裸になるので(女性は違う)。
で、打つ方は道衣を着ているんだけど、つい先日、打ってもらった直後に、打つ側にまわる事になり、こちらも上衣を着ないままで打ったわけ。
したら、上衣を着ている時とは、如実に、打った時の衝撃度が違った!

そういえば、以前、ディスカバリーチャンネルのドキュメンタリーで見た話だけど、蒙古軍は、みな、絹のシャツを内側に着ていたのだとか。
これが、意外に、矢などを防ぐのに役立つんだそうです(なんでだか、理由は、忘れてしまった)。

衣服風の防具(へんな日本語だ)も、案外と、バカに出来ないのかも。

| | Comments (8) | TrackBack (0)