September 18, 2005

ハリケーン「カトリーナ」は日本のヤクザが原爆の報復として送りこんだ!?

こういうニュースを、ブログ兄弟である、ペトロニウスさんのところで見たのであった。
なにぃ?
マジですか。
なんと、テレビのお天気キャスターがそうぶちあげてるらしい。
しかもそれが、TIMEにとりあげられているらしい。(残念ながら、TIMEのサイト上にはその記事はないみたいなんだけれど)
すごすぎる(笑)。
とりあえず、ぐぐって見たところ、客観的に話がわかりそうなのは、ここかな
ニュースサイトの記事。
ぐぐると上から2番目くらいに来るので、英語に自信がない人はぐぐるとよろし。β版だけどそのページを日本語訳してくれる(ただしすんげー直訳)。
大意を書いてしまうと、このウェザーマンは、こんな風に主張をしているらしい。
「NASAの衛星写真を見たところでは、カトリーナの雲の動きはぜったいに自然のものではなーい! これはマイクロウェーブを発するジェネレーターによって引き起こされたもので、それをやったのは、ヤクザなのだ。彼らが使っているのはロシアが70年代に開発したものをベースとする機械で、その手のものは少なくとも10もの国や組織が持っている。ヤクザは投資でもうけたカネを使い、アメリカ市場に食い込むため、そして! 広島への原爆投下の報復として、こいつをやらかしたのだ」
をいをいをいをい。
ロシア(当時ソビエト)が、気象兵器を開発してたかどうかなんてのは知らない。
なかったとは断言しないが、少なくともそんな話は聞いた事がない!
なのに、いろんな国とか組織が持ってるのか~。
そんなたくさんの国が持ってるってことは、安価なのかな。
いくら株かなんかでもうけたとはいえ、市井の民間組織(と言えるのか)であるところの、ヤクザが持てるくらいだしねえ?(テッポウとかわらないんですかね)
いや、ヤクザがなんだってそんなものを買うのだ(笑)。メリットないじゃん。
ああ、アメリカ市場をわがものにするのね……いや、市場じゃなく、アメリカを自分の縄張りに切り取るためか?
どうやって~?
ハリケーンで壊滅した土地になにかうまい汁でもあるんでしょうか。
将来的にあったとして、そんな長期的な投資(?)を行うんだろうか?
……国じゃないですよ。やるのはヤクザですよ。
そうかと思えば、広島の復讐として。
リメンバー・ヒロシマ。
うはー(笑)。
そもそも、一介のギャングであるところのヤクザがなんだって60年前の戦争における「大虐殺」の「報復」を行うのだろう。……60年前だよ。いくら日本人とて、そんな気の長い「敵討ち」を、やるでしょうかね。
いやもう、すみからすみまで、くらくらするほどの妄想だ。

さて。台風の制御ができるのならば、その技術が一番ほしいのは日本だろう(汗)。
今年だってどれほど台風被害があったことか!
やれるもんならやってるぜ。
技術的にほんとに作れるのかどうかは知らない。
台風ってすんごいエネルギーなんだから、それを発生させて進路を調整するなんて事は、ほんとにできるんでしょうかね。
やれるとしたら、どれくらいのエネルギーが必要なんだろう。(当然費用もかかるんだよね)。
被害のほども調整できるんどあろうか。
マイクロウェーブジェネレーターを使って特定の音波を発して云々、となっているところを見ると、発生させることだけを考えている(?)みたいなのだが、発生した後は……?

……いや、まあ、発生させてどこぞを襲わせるというのができたとする。
もちろん、ヤクザの資力で(笑)。

じゃあ、アメリカの市場(なわばり?)を開拓するために、なぜそれをヤクザが使うのか?
人間がいなきゃあ、ヤクザの活動余地はないのだ。
ヤクザに限らず、この手のマフィアは、たいてい、都市性のもので、爛熟した都市がカネをうならせて活動しているからこそ、ていうか、彼らが搾取できる相手がいるからこそ、ヤクザは存在できるわけだろ。
台風で破壊したら、なんにもならないじゃん。

むむ。ならば広島の復讐の為、としよう。
ならば、なぜにニューオリンズなんでしょ?
当時の広島と似たようなポジションの都市ってことなら、軍港を狙うべきでは。
あるいは、報復だー、というのなら、もっと日本人にとってメジャーな、ワシントンD.Cなり、ニューヨークなり、ロサンジェルスなり、シカゴなり、サンフランシスコなり……そういうとこを狙うと思うのだけど。
ニューオリンズってさ。ふつう、日本人の意識の上で出てこないよ。

さらに!
そもそも現代の日本人は「敵討ち」とか、「復讐」ってことは考えない。
妻を、子を、親を、きょうだいを、友達を、殺されたから憎くて相手を殺す!
というような事はしないのだ。
現代ならずとも、やらない。
江戸時代の敵討ち、あれはコルシカのヴェンデッタなどとは本質がそもそも違う。
日本の敵討ちは、基本的に、「国の境目をこえて殺人犯を追い、処刑するためのシステム」なんだから。

また、国家としても、復讐のために他を攻撃するということを、日本は今までした事がない。
古来、他国へ進出(まあ場合によっては侵略)した事は、もちろんあるが、いずれも、
「リメンバーなんとかかんとか」
というスローガンが作れるようなものは、ないのだ。
(むかしっから、そういう事をやってきたのは、アメリカ合衆国だね)。

つまり、まず何よりも、
日本人のメンタリティとして、これはあり得ない話。

まあ、そこまで考えなくても、あまりにもツッコミどころが多すぎて、あちらでも、すでに、「陰謀論」と認識されているようだ。たとえば、ここみたいに。

しかし、こんな妄説が、TIMEにまでとりあげられるというのは、いったいどういうわけか。
まず、アメリカ人は、原爆投下が「戦争犯罪である」という事を、認識しているのだろう、ということ。
そして、もしも逆に自分たちが原爆投下されたのであれば、とうぜん、落とした国に「復讐したい」と思っているだろう、ということだ。
だが、アメリカがやらかした戦争犯罪は、原爆投下だけじゃないよね。
ベトナム戦争では枯葉剤をいやってほどまき散らしてるし。
あれも、その時だけではおわらない、長期的な被害をもたらした戦争犯罪だ。
なのに、なぜ、ベトナム人が……とは、ならないのか。
あたりまえな話だが、アメリカ人が、「日本人には今現在、アメリカに報復するだけの力がある」と認識しているという事にもなるんだろう。
他にも理由はいろいろあるだろうが、
「アメリカ人は、心のどこかで、日本を警戒している」
これがでかい。そいうう前提がなければ、まず出てくるはずのない説だと私は思う。

もちろん、だからといって、日本人も反米になろう、という事ではなくて(笑)。
政治的に協調が必要で、かつ同盟国でもあって、友好を結んでいようとも、油断しちゃあいけないよ。
と、いうことなのだな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 11, 2005

橋本真也、逝く

ウソだろう。
……ニュース見てびっくりだ。
破壊王橋本真也、死す!
プロレスラーとしての橋本。
けっこう、好きだったんだよなあ。
このところプロレス関係はチェックしてなかったから、ほんと、「なんで?」って感じだ。
時事通信の方の記事をみると、自宅で倒れて救急車で搬送された時はもう心臓が停止していたんだとか。
まだ40歳。ショックだよな……。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

| | Comments (6) | TrackBack (1)