February 12, 2006

新造人間キャシャーン

実写版映画としてリメイクされたキャシャーン、ロードショウ当時話題になったのだけど、ちょっと見に行く余裕がなかったのだよな。
それが、日曜洋画劇場で放映されるというから、見てみる事にした。
思ったより、前衛的な感じがする(笑)。
しかし、なんだって今頃これを日曜洋画劇場で?
と思ったところ、キャストを見て納得。
東博士を、寺尾聡がやってたのか。
つまり、『博士の愛した数式』で寺尾聡が博士役をしているので、それにちなんでのことなのだな、察するに!

しかし……。
昔刑事をやっていた人が、今は博士役。
時代だ……(笑)。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

July 24, 2005

魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE

mekazawa01
今回の映画は、ともかく「メカ沢」と、
『宇宙猿人ゴリ』がテーマである。
あ。
青春映画だ、というのがタテマエであり、まあ中身も一応そうとは言えるのだが、あくまでも、テーマは、これ。

こらこら、『宇宙猿人ゴリの歌』を、そこでいきなり、歌い出さないように。
映画の中で、ちゃんとオリジナル(たぶん)の映像つきで登場するぞ。
しかも、これのアレンジバージョンも、「スペクトルマンGOGO」のアレンジバージョンもあったりするのだ。
ううむ、なんてマニアックなんだ(笑)。

まず、ともかく、配役が前評判通りすばらしく、イメージ通りで笑えたのだが、
なによりも最初に「ネタ」というか
「ツカミ」というか
場内一斉の笑いを誘ったのは、これだ!

この映画に登場する人名、学校名等はすべて架空のものであり、実在する人名、団体名とは一切関係ありません

どわははははは!
いや、普通はこれ、笑うところじゃないですね。
てか、よくある文言ですね。
でも、なんつったって、この映画はな。
事前に、訴えられているわけだよ。
  他にこんな記事も→夕刊フジ
  さらにこんな記事も→デイリースポーツ
あえて言うが、同じく名前がもじられた(使われた)と考えられなくもない(笑)、
デストラーデやマニエルやバースは、ひとっことも、抗議も訴えも起こしてはいないのだ( ‥)/
てか、ギャグに目くじらたてるのは大人のする事じゃないよなあ。
おまけに実際は、不良賛美の話などではないんだし(むしろ主人公のスタンスは、逆)。
日本人で、クロ高を知っている人の目から見れば、あまりにもクロマティが、おとなげない。
だからこそ、ここで失笑が(笑)。

もちろん、こういう文言は、巻頭または巻末にかかげるものと決まっているが、
巻頭にあげたことで、映画としてはおもいきり得をしているのではなかろうか?
少なくとも、ここで観客はみな映画の味方に(笑)。
ぷぷぷぷぷ。
また笑ってしまった。

さらに、いきなり最初から、クロマティ高校の歴史が語られてしまうのだ!
なんだか、まるで、NHKかなんかの歴史ドキュメントかなんか見ているみたいだが……。
しかーし。
淡々と、古そうな白黒フィルム(として作ったのだろう)と、ナレーションでつづられるそれは。
繰り返しギャグ。
笑える。

とはいえ、その笑いが生きるのも、本編が面白かったからだ。
なんつうか、どの役者も、作品世界にぴったりはまってるのだ。
主役級の皆さんは当然としても、ちょっとびっくりなのは、
クロ高1年2組(主人公がいる組)、
そのとなりの3組、4組、5組まで、教室が出てくるわけな。
そこにいる、端役というか、エキストラクラスの「不良高校生」。
クラスごとに、みんな、違う人なんですね( ‥)/

あ、もっとも、パンフレットによると、一部の(高校外の)エキストラは、ロケ現場の地元の人をまきこんだ例もあったもよう。

そして、冒頭でも語った、ゴリとラー。
いやあ~。
忠実に再現してるのな……(笑)。
ちなみに、ゴリの声をあててるのは、『宇宙猿人ゴリ』で実際にゴリの声をあてていた小林清志。
だいたいが、ゴリっていうのは、悪のマッドサイエンティストなのだが、そのある意味セコい「悪」さが、クロ高世界にぴったりとはまっている。
もともと、原作のクロ高にも、宇宙人がやってくるという話はあるんだが、映画では、それを単なるグレイ型宇宙人ではなく、宇宙猿人ゴリにしたところが、ウマイ!

そして、この一事に見ることができるように、ストーリーは漫画の中のものを使い回しているようで、実は違う。
うまいことアレンジし、つなぎあわされており、そして全く違うクロ高ストーリーになっているのだから。
漫画と同じならいいや、と思うのは、大きな間違いであると言っておこう(笑)。
そして、だからこそ、漫画の方を全く読んでいなくても、大いに笑え、楽しめる映画でもあるわけだ。

みょうなところにマニアックに凝った映画であるとも言えるしね(‥
(そういや、ローソンチケット、パンフレットと同じデザインだった。プリントアウト式のローソンチケットで、絵つきのものは珍しいそうだ<ローソンの店員 談)

ところで、一番上の画像は、初日初回に配られた、非売品のメカ沢うちわである。
裏面は、これ。
ただし、うちわとしては、ちょっと使いにくい。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

November 14, 2004

『ねらわれた学園』と『時をかける少女』

このふたつは、NHKの少年ドラマシリーズでしか見たおぼえがない。角川映画にもなってたんだよね。
たまたま、チャンネルNECOで、今日、放送していたので、見てみた。うひょぅ(笑)。『ねらわれた学園』って、けっこう、ギャグっぽく演出されてたのか。うわははは。笑ってしまった。今、ちょうど、『時をかける少女』の冒頭部分。さてこっちはどんなかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)